【魚の油でキレイになろう】ダイエットにおすすめ!鰤(ぶり)レシピ

あなたは、ダイエット中だからといって、やたらと油を避けていませんか?

“油”と聞くと、太りやすいイメージがあるかもしれませんが、魚に含まれる油はエネルギーとして使われやすく、ダイエット中の方におすすめです。

今回は、魚に多く含まれる油の力と、旬の鰤(ぶり)を使ったレシピを紹介します。

体に良い油を摂ろう

机の上にのったオリーブ油や固形の油と果物
あなたは魚に含まれる油が、体に良いと聞いたことはありませんか?

最近では、油に関する本がたくさん出版されているので、ダイエットや美容に興味のある方なら聞いたことがあるかもしれません。

魚が体に良いと注目されている理由は、n-3系脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)という成分をたくさん含んでいるからです。

脂肪酸とは

脂質をつくっている成分のことで、様々な種類がある。

今、『n-3系脂肪酸って何?』と、思われた方もたくさんいると思うので、まずはn-3系脂肪酸の特徴についてお話をしていきます。

n-3系脂肪酸とは?

  • 人間の体の中でつくれず、食事から補う必要がある。
  • エネルギーとして使われやすく、体に脂肪として蓄積されにくい。
  • 髪を育てるホルモンのバランスを整える。
  • ニキビなどの肌の炎症を抑える。

ここまで読んでみて、あなたの油のイメージは、変わったでしょうか?

では魚に含まれるn-3系脂肪酸について、もう少し詳しくお話をしていきます。

魚には、どんなn-3系脂肪酸が含まれているの?

フローリングの上の小さい黒板にはてなマークが書かれている
実はn-3系脂肪酸には様々な種類があります。そのうち魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)DHA(ドコサヘキサエン酸)というn-3系脂肪酸がたくさん含まれています。

それではEPAとDHAは、私達の体にどんな働きをしてくれるのでしょうか?

EPA(エイコサペンタエン酸)/DHA(ドコサヘキサエン酸)

EPAとDHAは血液中の中性脂肪値を下げ、血栓を予防する効果が期待されています。また、脳の活性化やストレスを和らげてくれる効果もあるといわれています。

ダイエット中にイライラしやすい方は、魚を食べる機会を増やしてみてもいいかもしれませんね。

ところで、魚はどの位食べれば良いのでしょうか?

魚は、どれ位の量を食べればいいの?

理想とされているEPAとDHAの1日あたりの摂取量は、1g以上です。

下の表は、1日に必要なEPAとDHAを摂るために必要な魚の目安量をまとめたものです。

1日あたりの目安量
鰤(ぶり) 切り身1切れ
鯵(あじ) 1尾
鰯(いわし) 1尾
鮭(さけ) 切り身1切れ

どれも簡単に食べられる量だと思いませんか?しかもスーパーでよく見かける魚ばかりです。

魚を食べる習慣がない方は、まずは外食のランチをたまには魚料理にしてみませんか?

それでは、魚料理にチャレンジしてみたい方のために、家で簡単につくれるレシピを紹介します。

今が旬!鰤のねぎソース焼き

寒色系のチェックのランチョンマットの上にある白い皿にのった鰤のねぎソースの焼き
それではレシピを紹介する前に、鰤の豆知識を紹介します。

鰤の豆知識

冬が旬の魚。皮膚や粘膜の健康を維持してくれるビタミンB1やビタミンB2を豊富に含む。

それでは、お待ちかねのレシピはコチラです。

材料(2人分)

鰤のねぎソース焼きの材料は鰤と長ねぎと青ねぎと油と片栗粉と塩こしょうと醤油と酢とみりん

  • 鰤・・・・・・・2切れ
  • 塩こしょう・・・少々
  • 片栗粉・・・・・適量
  • 酒・・・・・・・大さじ2
  • 長ねぎ・・・・・1/2本
  • 青ねぎ・・・・・お好み
  • ★醤油・・・・・小さじ2と1/2
  • ★酢・・・・・・小さじ2
  • ★みりん・・・・小さじ1と1/2
  • 油・・・・・・・適量

つくり方

  • 鰤に塩こしょうをして、片栗粉をまぶす。
  • 熱したフライパンに油を引き、鰤と酒を入れる。ふたをして蒸し焼きにする。
  • 鰤に火が通ったら、小口切りにした長ねぎと★を入れ、ふたをして加熱する。
  • 長ねぎがしんなりしたら、出来上がり。お好みで小口切りにした青ねぎをちらす。

下の調理のコツも参考にしてください。

調理のコツ

  • ビニール袋に鰤と片栗粉を入れてまぶすと、片栗粉をまんべんなく薄くまぶせます。
  • ★の調味料の代わりにポン酢を使っても、美味しくつくれます。
  • 蒸し焼きをしている時に酒の水分がなくなってしまった場合は、水を足しましょう。

使う野菜の種類や調味料を変えて、あなただけのオリジナルレシピをつくってみてくださいね。

魚を食べて、キレイになろう

雪が降る中赤色と白色のボーダーのマフラーを着けて白色のダッフルコートを着た金髪ロングの外国人の女性
それでは、最後に今回のポイントをおさらいします。

  • n-3系脂肪酸を豊富に含む油は、エネルギーとして使われやすく体に脂肪として蓄積されにくい。
  • n-3系脂肪酸は人間の体の中でつくれず、食事から補う必要がある。
  • 魚は、EPAとDHAというn-3系脂肪酸を豊富に含んでいる。

あなたは、最近いつ魚を食べましたか?

『そういえば最近、魚を食べていない』と思った方は、ぜひ次の食事で魚を食べてみませんか?

魚の油が、あなたのダイエットを成功に導いてくれるかもしれません。

理想をカタチにするダイエットサイト