コーヒー(ブラック無糖)は飲みかた次第で、思わぬダイエット効果♪

ブラックコーヒーダイエット

ダイエットにコーヒーが良いと聞いたことがありませんか?

聞いたことはあっても、コーヒーがどんな理由でダイエットにいいのか説明できる人は少ないのでないでしょうか。

何故コーヒーがダイエットに向いているのかという疑問解消を含めて、飲みかたや、口コミを今回は紹介したいと思います。

何故コーヒーがダイエットにいいと言われるの?

コーヒーと言えば思い浮かべる人も多いと思われます「カフェイン
このカフェインが大きく関係しています。

カフェインは「リパーゼ」という消化酵素を活発化させる働きをします。

消化酵素が活発化すると何かおこるかというと、脂肪の分解が促進され太りづらくなります。

また、コーヒーには「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種を含んでいますが、脂肪蓄積抑制効果(脂肪をためるのを防ぐ)効果があります。

おまけに血行促進をして代謝を上げてくれる効果もありますので、コーヒーはダイエットに適した飲み物と言えます。

英文にはなってしまいますが、コーヒーを飲むと肥満になりにくいと以下のもの以外にも、複数論文として研究結果が発表されています。

Coffee intake and risk of obesity (コーヒー摂取と肥満のリスク)

コーヒーを飲むことによる具体的な効能は、どんなものがあるのでしょうか?

コーヒーを飲むことによる効能

細かいのを含めるともっと多くの効能がありますが、代表的なコーヒーの効能は以下の様なものです。

ダイエット効果

上でも記載しましたが、リパーゼが消化酵素を活発化させ、クロロゲン酸が脂肪をためるのを防ぎ、太りづらい状態を作ります。

リラックス効果

コーヒーの香りはリラックス効果があることが知られています。

これは気の持ちようなどの気のせいではなく、「杏林大学医学部 古賀良彦教授」の研究でもアルファ波が出てリラックスできている状態であるのが分かっています。

ダイエットのやめてしまう一番の原因、暴飲暴食をしてしまう原因となるストレスではなく、リラックスができるというのはダイエットにおける大きな利点です。

アンチエイジング

吸収されやすい抗酸化物質が多く含まれていますので、高い抗酸化作用を期待できます。

誤ったダイエット方法はやつれて老けを同時に起こしがちですが、抗酸化作用のおかげで起こりづらくなります。

糖尿病予防

シドニー大学が2009年に発表した約50万人を対象した研究調査で、1日3〜4杯コーヒー、紅茶を飲んだグループは、2型糖尿病を発症するリスクが飲まないグループに比べて25%低下したそうです。

2型糖尿病というと肥満が主な原因になりますが、ダイエットに向いているだけでなく、病気のリスクも軽減してくれます。

続いてコーヒーダイエットをしている人たちの口コミをご覧下さい。

コーヒーダイエットの口コミ

良い口コミ
・アイス飲んでいたのをホットに変えただけですし、元々コーヒーが好きなので無理なく続けられています (30代/男性)

・そんなコーヒー飲むだけで痩せるかな?と半信半疑で飲み始めましたが、3キロもへってるから効果ありです (20代/男性)

・全然ツラくもない、周りにダイエットしてるってバレない、実際痩せたと、三拍子そろったダイエット方法かも (30代/女性)

・コーヒーって今まであまり飲んでこなかったけれど、飲み始めたらいい香りでストレスもいっしょにとれていい感じ (50代/女性)

・無糖のコーヒーは特別なものではないから、たいていはどこでも飲めるし用意するのが楽です (40代/女性)

悪い口コミ
・無糖のブラックコーヒーは私には苦すぎて、毎日飲むのは無理! (30代/男性)

・自宅でならまだしも、お店ではミルクと砂糖付いてくるから、せっかくだせれたもの入れずに飲むなんてもったいなくて入れちゃう。こっちのが断然美味しいし、ブラック飲むのは無理かも (40代/女性)

・コーヒーにチョコは付き物で食べてしまった私もわるいけれど、以前よりも間違いなく太りました (30代/女性)

・続けたら変化はあるかもしれんけど、私は今すぐに痩せたいんです (50代/女性)

・コーヒーだけ飲むように変えたら、歯が茶色っぽくなるっていう別の悩みが発生したのは残念… (20代/男性)

ダイエットのためのコーヒーの飲みかた

ダイエットのためのコーヒーの飲みかた

なんでもかんでもコーヒーを飲めばいいということではなく、ダイエットに適した飲みかたがあります。

コーヒーの選びかたと飲みかた

インスタントよりもドリップ式
ドリップ式のほうがインスタントよりもカフェイン、クロロゲン酸の含有量が多く含まれていますので、ダイエット目的で考えるとドリップ式の方がオススメです。

また、クロロゲン酸は熱に弱いという特徴もありますので、誤差範囲ですが深入りよりも浅煎りの豆のほうがベターです。

カフェインレスのコーヒーも多く見かけるように最近はなってきましたが、ダイエットという点で考えるとカフェイン入りの方が断然に向いています。

一度に沢山量を飲まない
コーヒーを飲んだ効果は3時間程度持続しますので、1度に一気に飲むよりも休憩タイムなどのついでに3時間おきぐらいに飲むのが最適です。

どれぐらい飲めばいいの?

1日で最大5杯(180cc x5)ぐらいまでが適量範囲です。

1リットルを超えるような大量のコーヒーはカフェインのとり過ぎにもあたります。

飲みすぎてしまうと逆に次のような不具合が発生する原因となってしまいますので、飲み過ぎには注意して下さい。

飲みすぎてしまうとどうなる?

ダイエットにいいとならと、あまりに飲みすぎてしまうと不具合も出てきてしまいます。

消化性胃潰瘍

飲み過ぎは消化液の分泌を促進して消化を助ける効果が過度になりすぎてしまい、胃があれて胃痛の原因になります。

貧血

コーヒーに含まれるタンニンは鉄分と結合するので極端に飲むと鉄分不足になり、鉄分不足が原因の貧血が引き起こされます。

口臭

コーヒーに含まれる成分のタンニンやクロロゲン酸が舌に付着し、口腔内(口の中)のph値が下がり酸性化します。

この酸性化により本来唾液によって抑制されている口臭がするようになってしまいます。

※舌に不着したタンニンやクロロゲン酸が口臭を誘発していますので、コーヒーを飲んだ後で水でうがいをすると口臭の原因を防げます。

歯の着色

ダイエット自体には全く関係ないのですが、コーヒーは歯が茶色く着色しやすい飲み物でもあります。

せっかくダイエットをしてキレイに、かっこよくなろうとしていても、歯が茶色く汚くなっているようではイメージ悪くなり勿体ないので歯磨きはより丁寧に行って下さい。

守って欲しい注意点!

コーヒーダイエットの注意点

せっかくの効果をより良くするために、いくつか守って欲しいことがあります。

アイスよりもホット

アイスコーヒー。特に夏は美味しく、私も大好きでよく飲みます。

ただ、ダイエットという点に目を向けると、体をアイスコーヒーで冷やしてしまうのはあまりよろしくはありません。

体温が高い状態の方が代謝(エネルギー消費)を、より高めてくれるからです。

1度体温が違うと、基礎代謝が13〜15%も変わってくるといわれています。

ですから、ダイエットを意識するのであれば体を一気に冷やしてしまうアイスコーヒーではなく、ホットコーヒーのほうがより適しています。

ミルク、砂糖は入れないほうがベター

無糖のブラックの状態では1杯(180cc)で6〜8kcalとカロリーを気にしなくてもいいレベルのコーヒーも、ミルク、砂糖を入れることでカロリーが一気に倍増して高カロリーの飲み物に変わってしまいます。

1杯で100kcalを超えるなんて状態にもミルク、砂糖の量によってはなりかねませんので、美味しく飲むにはいいかもしれませんが、ダイエット目的のコーヒーとしてはブラックの無糖状態が適切です。

※バターコーヒーという別のダイエットに適した飲みかたがありますが、別途別記事で紹介しています。

おやつを用意しない

コーヒーといえばチョコレート等、甘いお菓子も一緒に食べたくなってしまうのもわかります。

ただこれをしてしまうと楽しいカフェタイムはなりますが、一気に大幅なカロリーオーバー状態に…。

コーヒーにミルク砂糖を入れてしまった場合は尚更ダイエットとはかけ離れた状態になってしまいますので、コーヒーとともに取りがちな間食はダイエット目的であれば涙をこらえて我慢してくださいね。

ダイエットに適した血糖値が上がりにくいコーヒーも選択肢に

トクホフィットライフコーヒー

コーヒーは人それぞれで同じブラックコーヒーであっても好みが異なるので誰にでもオススメするわけではありませんが、ダイエットの天敵である血糖値が上がりにくいコーヒーをいうのも存在します。

普段コーヒーを飲む習慣がなかった方や、特に決まった銘柄でないと飲まない!と決めていない方であれば、特定保健用食品(トクホ)になっているフィットライフコーヒーを一度試してみてみてはいかがでしょう?

血糖値と肥満の関係性はこちらの基礎記事(インスリン分泌と血糖値について気にしていますか?)で紹介していますので、よかったら見てみてください。

まとめ

コーヒーを飲んでのダイエット方法を紹介してきましたが、どうでしたか?

劇的に何キロも短期間で痩せるというわけではありませんが、少しのコーヒーの飲みかたの違いでちょっとずつの積み重ねがダイエットの効果となって現れてきます。

ダイエットをしていると周りに気づかれることもありませんので、コーヒーの飲みかたを少し今までとは変えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

理想をカタチにするダイエットサイト