コラム

バターコーヒーでダイエット!単体は高カロリーでも、結果的に低カロリーの不思議

バターコーヒーでダイエット

ダイエットと言えば、あなたはどんな想像をするでしょうか?

おそらく運動と、食事制限を思い浮かべたのではありませんか。

特に食事はなるべく低カロリーのものを選択するのが、マスト(絶対)!

そんな絶対を逆転させて、くつがえしてしまうものがあります。

誰もが高カロリーを想像するであろうバターを使った「バターコーヒー」です。

コーヒーはまだしも高カロリーのバターとダイエットは結びつきづらいと思いますが、果たしてバターコーヒーとはどんなものなのでしょうか?

バターコーヒーダイエットって何?

カンタンに説明すると、名前の通りバターを入れたコーヒーのことです。

アメリカの起業家であり実業家であるデイヴ・アスプリー(Dave Asprey)さんの著書に登場するコーヒーで、「完全無欠の最強のコーヒー」と紹介されています。
「The Bulletproof Diet (邦題:シリコンバレー式自分を変える最強の食事)」

アメリカではBulletproof Coffeeと呼ばれ、直訳すると「Bulletproof = 防弾」であることから日本ではバターコーヒーの他に、完全無欠のコーヒー、防弾コーヒーとも呼ばれています。

太く書いた(塗った?)眉毛が特徴の「イモトアヤコ」さんがSNSなどで絶賛していたので、イモトさんきっかけにこのコーヒーを知った人が日本では多いかもしれません。

バターとダイエットの意外性

多くの人がイメージするダイエットを成功させるために飲む、食べるものといえば低カロリー。

いっぽうのバターと言えば高カロリー。

本来であれば結びつくはずのないダイエットとバターが結びつく意外性が大きな話題になっていますが、何故バターがダイエットに結びつくのでしょうか?

ダイエットに結びつく理由 & 効能

多くの人が気になっているバターコーヒーが何故ダイエットに結びつくのかという理由と、メリットです。

カロリーがカットできる

バターコーヒー自体は1杯最低でも100kcal以上と高カロリーな飲み物ですが、バターコーヒーを1食と置き換えると、1食のカロリーが大幅に抑えられます。

【例】※あくまでも目安
バターコーヒー2杯:300kcal
朝食:600kcal
カロリー差:300kcal

たった1食でもこのような大きな差がでますが、まだ大きな違いがあります。

お腹が空きづらい

実際に飲んでみるとわかるのですが、腹持ちがよくお腹が長時間空きづらくなります。

お腹が空きづらい = 食べる量も減りますので、トータルの摂取カロリーが自然に控えられます。

通常の置き換えダイエットであればお腹がとても空きますが、お腹が減りづらいというのはバターコーヒー特有のものではないでしょうか。

コレステロール、中性脂肪排出

バターコーヒーで使用する「グラスフェッドバター」は、血中コレステロールや中性脂肪排出を促進する効果があります。

脂肪の分解をサポート

コーヒーに含まれているポリフェノール「クロロゲン酸」が、脂肪を体内に蓄積するのを防ぎ、脂肪を分解燃焼する働きをします。

代謝促進と便秘改善

コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激し、代謝の促進と便秘改善のサポートをします。

バターコーヒーが向いている人

・コーヒーが元々好きな人
・バターが入ったラーメンに目がない人
・激しい運動をするのは苦手な人
・できるだけカンタンに痩せたい人
・自分自身で肥満を認識している人

続けてバターコーヒーの良い悪い含めた、口コミをご覧ください。

バターコーヒーの口コミ

良い口コミ
・最初はバター?って疑って、おっかなびっくりで飲み始めたんですが、5キロも2ヶ月で落ちたので、最初疑ってしまってゴメンナサイって感じ (Sさん/女性)

・痩せるのには高カロリーのものは絶対ダメというのが前提にあったので、意外性しかなかったけど、なんでも低カロリーのもの低カロリーのものっていうストレスがたまらないのがいいかな (Sさん/女性)

・イモトがきっかけで知りました。バターとコーヒーは組み合わせた味が想像できなかったけれど、まろやかでおいしくて食べる量もおさえられて体重も減るという、嬉しいバターコーヒーとの出会いです (Rさん/女性)

・お腹減らないはないかなと思ってたのに、予想していた以上にお腹がへらなくて食べる量が自分自身でも少なくなってきているのがわかります。まだ始めたばっかなので誤差範疇かもですが、痩せる雰囲気がプンプンです♪ (Iさん/女性)

・味噌バターコーンラーメンが大好きな俺には特にあっていたんでしょうけど、バーターとコーヒーがこんなに合うなんてビックリ! 気になっていたお腹周りがスッキリしてきてような気がします (Oさん/男性)

悪い口コミ
・バターってマーガリンでしょ!って思って、マーガリンで代用して飲んでいたら3キロも太りましたよ (Hさん/女性)

・量が結果的に抑えられるでなくて、一口目からまずくて飲めませんでした… (Kさん/女性)

・バターが意外にお高いので、わたしの財布までも痩せたのは痛い (Fさん/女性)

・めんどくさがりな自分には作るのがめんどくささしかなかったので、運動量でダイエットにはげみます (Aさん/男性)

・温かい時はまぁ飲める味ではあるんだけど、冷えた途端に激マズで飲めたもんじゃありません (Yさん/男性)

バターコーヒーの注意点

バターコーヒーはいくつか守って欲しい注意点があります。

せっかくダイエットのために飲んでいるのに、飲み方や選択の違いで逆に太ってしまうということになりかねませんので、ほんの少しだけ注意点を守るようにして下さいね。

バターは「グラスフェッドバター」

牧草だけを食べる牛

ちょっと聞き慣れない名前のバターですが、牧草だけを食べて育った牛から作る牛乳で作られたバターをさします。

通常のバターと比べると塩分量が低く、コレステロールや中性脂肪の排出効果がある不飽和脂肪酸が豊富に含まれているのが特徴です。

どこで売っているの?

普通のスーパーやコンビニでは見かけることはあまりないバターですが、成城石井などの少し高めのスーパー、一番手軽であるのだとAmazonやネットであればすぐに見つけられます。

代用バターはないの?

カカオバター(ココアバター)でも代用はできないこともありませんですが、グラスフェッドバターがバターコーヒーダイエットにはベストです。

普通に売っているパンに塗るバター、口コミにもありましたがマーガリンは完全に不向きですので、代用品として使用はやめましょう。

高カロリーであることを忘れない!

これはもの凄く大切です。

バターの量次第でカロリーが大きく変わってきてしまいますが、バターコーヒーは1杯最低でも100kcal以上。バターの入れ方次第では300kcal近くになると、高カロリーであることは忘れてはいけません。

飲み物なので固形物よりも食べてもカロリーがないがしろにされがちですが、何杯もがぶ飲みしてしまうとカロリーオーバーで太ります。

ダイエットの基本は「摂取カロリー消費カロリー」であることを忘れないようにして下さい。

バターコーヒーの作りかた


コーヒー:2杯
グラスフェッドバター(無塩):大さじ2杯まで
MCTオイル:大さじ2杯まで

これらをブレンダーの機械の力任せで、一気に混ぜます。

完全に混ざった状態に

上の動画でもありますが、ブレンダーで完全に混ざった状態してから飲むようにしてください。

スプーンで混ぜる等のゆるい混ぜ方ではところどころで味が違い飲みづらいですし、名称の一つとして呼ばれている「完全無欠」状態にはなりません。

MCTオイルとは?

ココナッツやパームフルーツなどのヤシ科植物の種子の核の部分に含まれる天然成分から作られたオイルのことです。

MCT:Medium Chain Triglyceride = 中鎖脂肪酸油

中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて水に混じりやすく、吸収も4倍程度早くなり早くエネルギーになるため、バターとコーヒーを混ぜるバターコーヒーに適しているオイルです。

バターコーヒーの飲み方

飲み方といっても、特別難しいものではありません。

過度に飲みすぎない

上で注意点としても触れましたが、何杯も飲むのはコレ自体は高カロリーであるため、3杯程度に抑えるのがベターです。

よけいなものを足さない

ミルクや砂糖を追加してしまうとより美味しくは飲めるかもしれませんが、ダイエット目的としては少し外れてきてしまいます。

飲むのは温かいうちに

バターが入っている関係から冷えると風味が変わってしまいます。

温かいうちのほうが美味しく飲めますので、飲みきれる適量を作って飲むというのをオススメします。

バターコーヒーのまとめ

バターコーヒー

バターコーヒーを飲むダイエットいかがだったでしょうか?

高カロリーの代表格といえるバターでダイエットをするというのは私もこれを知った時にビックリしましたが、盲点だったのではないでしょうか。

空腹になりづらいことからそんなに量は飲める人の方が正直少ないかとは思いますが、美味しいからとバターコーヒーを飲みすぎてしまうと当然の如く太りますから気をつけて下さいね♪

たまに飲む程度であれば変わらないのですが、継続をすると1日の摂取カロリーが減りますのでとても痩せやすいバターコーヒー、是非試してはみませんか?

コーヒーでのダイエット方法は、バターコーヒー以外にも記事にして紹介していますので、もし興味があれば見てみて下さい。

理想をカタチにするダイエットサイト