【現代で再ブーム】ダイエットをサポートする甘酒の力

あなたは甘酒が、“飲む点滴”と呼ばれるくらい栄養価が高いことを知っていますか?

今回は、体の中からキレイになりたい方におススメの甘酒についてお話をしていきます。

甘酒は夏の庶民にとって救世主!?

本の上に広がる物語は赤い傘をさして歩く少女の後ろ姿と灰色の大型犬
現代ではあまり馴染みのない甘酒ですが、実は昔の人にとって救世主ともいえる存在でした。

まずはそれが分かるエピソードを紹介します。

江戸時代では甘酒が大人気

江戸時代には甘酒を売り歩く甘酒売りが一般的になり、夏の風物詩となりました。

なぜなら今のようにエアコンや扇風機もなかった当時は、夏の暑さを乗り越えるために栄養価の高い甘酒がとても重宝されたからです。

政府も夏バテ予防のための甘酒を少しでも多くの人が買えるように値段の調整をしていたそうです。

そんな江戸時代に大ブームが起きた甘酒ですが、健康志向が高まるこの現代に再びブームが戻ってきました。

ですが甘酒ってどんな飲み物か分からないという方も多いと思うので、次は甘酒の種類についてお話をしていきます。

甘酒ってどんな飲み物?

木ザルに入った米麹
実は甘酒には米麹甘酒酒粕甘酒の2種類があり、この2つはつくり方が全く違います。

ではこの2つはいったいどのような違いがあるのでしょうか?

米麹甘酒とは

米麹甘酒は日本酒と同じように麹の発酵の力を使って米からつくられますが、実はアルコールは含まれていません。お米の甘みだけなのですっきりしていて、お酒が苦手な方や妊娠、授乳中の方でも楽しめます。

酒粕甘酒とは

酒粕甘酒とは酒粕を水で溶いて、砂糖で甘みを足してつくります。酒粕が原料として使われるためアルコールが含まれており、お酒を控えたい方には注意が必要です。

米麹甘酒と酒粕甘酒の違いは伝わったでしょうか?

そしてここ最近、飲む点滴として話題になっている甘酒は米麹甘酒のことなので、買われる際には表示をしっかり確認しましょう。

次は、気になる甘酒の栄養素とその効能についてお話をします。

美容に嬉しい!甘酒の効能

kのコスタ―の上に置かれた透明のグラスに入った甘酒
ではいったい、甘酒にはどのような栄養素が含まれていて、どんな効能があるのでしょうか?

今回は注目したい栄養素とその効能を3つご紹介します。

ビタミンB群でエネルギー代謝をアップする

甘酒には、ビタミンB1B2B6パントテン酸ビオチンなどの豊富なビタミンB群が含まれています。ビタミンB群は炭水化物やたんぱく質、脂質の代謝に使われるので、効率よくダイエットしたい方にはおススメです。

食物繊維や乳酸菌で腸内フローラを育てよう

甘酒は腸内フローラを育てるのに役に立つ植物性乳酸菌がたくさん含まれてます。また、お通じをよくする食物繊維も豊富なので、腸活で体質改善をしたい方には効果が期待できます。

【腸内フローラを育ててやせ体質】腸活をサポートする味噌レシピ

【腸内フローラを育ててやせ体質】腸活をサポートする野菜レシピ

必須アミノ酸で肌や髪をキレイにしよう

筋肉はもちろん皮膚や髪、ホルモンなど人の体の約20%は、たんぱく質でつくられています。

そしてそのたんぱく質をつくっているのがアミノ酸であり、アミノ酸の中でも人が体の中でつくれず食事から補う必要があるものを必須アミノ酸と呼んでいます。

甘酒は体をつくる必須アミノ酸をバランス良く含んでいるので、肌や髪をキレイに保つ効果が期待できます。

このように甘酒は、ダイエットや美容はもちろん健康をサポートしてくれる栄養素が豊富に含まれています。

では次に甘酒を飲む時のポイントをお伝えします。

甘酒はどのくらい飲んでもいいの?

窓のある白を基調とした部屋で水を飲む白い服を着た茶髪をアップにした若い女性
栄養価が高くダイエットにも効果が期待できる甘酒ですが、もちろん食べ過ぎは良くありません。

栄養価の高い甘酒ですが、実は100gあたり81kcalと意外に高カロリーな飲み物なのです。

これはご飯に例えると茶碗約半分くらいのカロリーに相当するので、一日あたりの飲む量はコップ1杯程度に抑えるようにしましょう。

いつものおやつを甘酒に変えて、気分をリフレッシュするのもおススメです。

甘酒の力を借りて、すっきりキレイな自分を手に入れよう

黄色とオレンジ色と濃いオレンジ色と赤色の4種類のスムージの前に置かれたみかん
いかがでしょうか?

それでは今回の甘酒のポイントについてもう一度おさらいします。

  • 炭水化物やたんぱく質、脂質の代謝に使われるビタミンB群が豊富に含まれている。
  • 腸内フローラを育てる植物性乳酸菌や食物繊維が豊富に含まれている。
  • 食事から補う必要がある必須アミノ酸を豊富に含んでいる。
  • 意外に高カロリーなので、一日に飲む目安はコップ一杯程度に抑える。

現代にブームが戻ってきた甘酒を生活に取り入れて、あなたも楽しみながらダイエットをしてみませんか?

理想をカタチにするダイエットサイト