ダイエットの効果を底上げ! 効率よく痩せるためには?

ダイエットの効果を高めるには?
ダイエットの効果をなかなか感じられない…。

と悩んでいませんか? ダイエットの効果を底上げするために今すぐできる秘訣があります。

効率よく痩せるためには、基礎代謝を上げること食事と運動に少し工夫を加えることがポイントです。

効果的にダイエットを進めるコツをお伝えしていきます。

ダイエットの効果を高めるためには?

ダイエットの効果を高める
食事制限や運動のダイエットをしても、なかなか効果を感じられない時があるでしょう。

ダイエットの効果を高めるには、痩せやすい身体を作ることが大切です。

痩せやすい身体を作るためには、基礎代謝を上げて食事と運動に少し工夫を加えてみましょう。

基礎代謝が低いままで、極端な食事制限などの間違ったダイエットを続けていると痩せにくいだけでなく、健康を害する恐れもあります。

体重と筋肉のどちらも減ってしまえば、代謝もさらに悪くなるでしょう。

だから、効率よく脂肪を燃焼させる方法が必要になるのです。

基礎代謝を上げる以外にも、バランスの良い食事を心がけたり、有酸素運動を合わせて行ったり少し工夫をすると、脂肪を効率よく燃焼させることができます。

それでは、ダイエットの効果を底上げする方法について説明していきましょう。

基礎代謝をあげよう

基礎代謝をあげよう

  • キレ子
    キレ子

    基礎代謝を上げるにはどうしたら良いの?

  • ナース
    ナース

    ポイントは2つです! 筋肉量を増やすことと便秘を改善することになります。

人のエネルギー消費の大半は基礎代謝によるものです。

基礎代謝は筋肉に比例して増減します。だから、基礎代謝を上げるためには、筋トレが効果的なのです。

また、筋トレ以外にも便秘によって代謝が悪くなる場合もあるため、注意が必要になります。

そこで、基礎代謝を上げる2つの方法を紹介していきます。

筋肉量を増やそう

先ほどでも説明しましたが、基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やすことがポイントです。

基礎代謝とは、何もしなくても生命を維持するために必要なエネルギーのことです。そのほとんどが体温維持の活動に多く使われます。

そして、体温を維持するために必要なのが筋肉です。

体温が1℃上昇するごとに代謝量は13%増加するとされることから、体温が高い人は基礎代謝が大きい。引用:厚生労働省

つまり、筋肉が増えれば体温が上がって基礎代謝も上がることになります。

そこで、低体温にならないよう筋肉量を上げる筋トレを取り入れることがダイエットの効果を高めるために必要なのです。

効果的な筋トレの秘訣についての記事も合わせてご覧ください。

筋トレの効率をよくし筋肉をつけるコツ6選

便秘を改善しよう

ダイエット中は、食事制限やストレスから便秘になりやすいです。

腸は栄養を吸収する大切な器官ですので、便秘になると腸の血行が悪くなって、栄養の吸収と代謝の機能が悪くなります。

つまり、便秘が代謝にも影響するということです。

ダイエットの効果がなかなか現れない人は、まずは便秘かどうかチェックしてみましょう。

お腹が冷えていて便秘気味であれば、腸活から始めてみても良いですね。

詳しい記事は次のページを参考にしてみてください。

ダイエット中は便秘になりやすい? 身体の不調を見分けよう

腸活でいらないものをデトックス! むくみや便秘を改善して痩せよう

食事と運動の方法を工夫しよう

痩せるためには食事と運動を工夫しよう
ダイエットの効果を底上げするためには、普段の食事と運動に少し工夫が必要です。

食事と運動のそれぞれで気をつけた方が良い点をまとめてみましたので、一緒に確認していきましょう。

食事編

バランスの良い食事を心がけよう

ダイエット中は、糖や脂質=敵と考えがちですが、どちらも身体に必要な栄養素です。

糖は脳のエネルギー源であり、脂肪は女性ホルモンなどのもとになります。

特に脳は、基礎代謝のエネルギー量にも関係しているため、基礎代謝を低下させないためにも、バランスの良い食事が理想的です。

三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質は摂取するように心がけて、ミネラルやビタミンも忘れずに摂取するようにしましょう。

和食であれば、主食に加えて一汁三菜が望ましいですね。

極端な食事制限などのダイエットで効果が思うように現れない場合は、ダイエット方法を根本から見直してみましょう。

  • キレ子
    キレ子

    バランスの良い食事が、効率よく痩せるためには良いんだね。

  • ナース
    ナース

    そうですね。食べる順番にも気をつけると効果的ですよ。野菜から食べるように気をつけるだけで、血糖値の上昇を緩やかにして食べ過ぎを防げます。

運動編

有酸素運動も合わせて始めよう

筋トレだけのダイエットだけでなく、できれば、有酸素運動も合わせて始めるようにしましょう。

有酸素運動とは、ウォーキングやランニング、水泳などの運動になります。

これらの運動は、短距離走などの無酸素運動とは異なり脂肪を燃料とするので体脂肪の減少につながります。

脂肪を燃焼させるためには、「ややきつい」と感じる程度の有酸素運動が望ましいです。

心拍数で言えば、20〜30代で145〜150回/程度の運動になりますので、試しに測ってみると良いですね。

効率よく痩せてダイエットを楽しもう

効率よく痩せよう
ダイエットの効果を十分に発揮するためには、痩せやすい身体づくりが大切です。

効率よく痩せるためには、

  • 筋肉量を増やす
  • 便秘を改善する
  • バランスの良い食事を心がける
  • 有酸素運動も合わせて始める

の4点が重要なポイントになります。

なかなか体重が減らない人は、ダイエット方法をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

理想をカタチにするダイエットサイト