測るだけでダイエット? 日記を上手に活用しよう【レコーディングダイエット】

日記でダイエット
あなたは、自分のことをどれだけ知っていますか?

ダイエットを成功させるには、自分に合ったダイエット法をいかに導き出せるかがポイントです。

日記をつけるだけで、ダイエットを成功させることができるかもしれません。

用意するのは、体重計と日記、ペンだけです。簡単に始められる、日記ダイエットを始めてみませんか

「測るだけ」「書くだけ」で体重が減るの?

測るだけで体重が減るの?
本当に測るだけ書くだけで体重が減るのか疑問に感じる人も多いと思います。

少し前に、NHKのテレビ番組「ためしてガッテン」で「測るだけダイエット」が話題になりました。

番組での実践者の約83%が減量に成功したようです。

ダイエットにしては、かなり高い成功率です。測るだけダイエットは、レコーディングダイエットとも言います。

「体重を測って、記録していく」過程には、自分を見つめ直す時間が生まれます。

測るだけダイエットの記録用紙には、言い訳を記録に残すことができるスペースがあります。

ストレスをためずに継続する目的の言い訳欄が、実は肥満の原因を探るのにとても有効なのです。

記録用紙の見本イメージ

記録用紙のダウンロードは、ためしてガッテン公式サイトからできますので、ご確認ください。

言い訳には、ダイエットを成功に導くヒントがたくさん詰まっています。

食事制限や脂肪燃焼する運動そのものが含まれていないのに、測るだけで痩せる理由は、自分のダメな生活習慣を見つけて、ダイエットを続けようと思えるからです。

測るだけダイエットで痩せなくなったら、並行して食事制限や運動のダイエットを始めれば良いのです。

体重計日記ペン3つを用意できれば、すぐに始められます。

体重を測ることに加えて、無理なくできそうなダイエットをひとつだけ実践します。

測るだけダイエットでは、無理に体重を落とす必要はありません。徐々に体重を減らしていきます。

本当に痩せるのか、測るだけダイエットが成功する理由や実践方法、役立つツールも合わせて紹介していきます。

日記をつけるだけで、痩せる理由とは?

日記で痩せる理由とは?
体重を測って、記録するだけでなぜ痩せるのか不思議に思いますよね。

日記をつけて振り返ることは、人間の心理に大きく影響していることが考えられます。

痩せるためのダイエット方法も重要ですが、「痩せよう」と思った気持ちを行動に変える力が成功につながります。

その手助けをしてくれるのが、日記です。

体重を日記に記録することで、どんな心の変化が現れるのか、理由を探ってみましょう。

体重の変化がわかるから

体重を記録する1番の理由は、体重の変化を感じることができるからです。1週間など間隔をあけて測るのではなく、毎日測ることで、少しの変化も逃さなくなります。

グラフ化すれば、より視覚的に体重の変化を感じられるでしょう。毎日の頑張りが、目に見える形で分かることは、モチベーションアップにもつながります。

体重を測って記録するだけでも「なんとなくダイエットをしている」気分にもなれます。始めは、「なんとなく」で良いのです。

体重を記録することで、少しずつ、あなたに合ったダイエット法が導き出されてくるはずです。

ダイエットを始めよう思えるから

体重を毎日記録するようになると、自然と生活習慣が影響していることを感じるようになります。

前日に食べ過ぎてしまったとしたら、次の日の体重はどう変化しているでしょうか。

こうした生活習慣がダイエットにつながっていることを身をもって実感できます。

体重を測ることで、ダイエットを始めようとするきっかけにつながるのです。

「言い訳」でダメなところがわかるから

「ためしてガッテン」の測るだけダイエットの記録用紙には、言い訳を記録する欄があります。

人間は、ダメなところを思い出すよりも、言い訳した方がスラスラと言葉が出てきます。

測るだけダイエットが成功する秘訣は、「言い訳」を思う存分記録して、見直すところにあります。

例えば、間食を控えようとしていたのに食べてしまい、体重が増えたとします。あなたは、言い訳をどのように記録しますか?

  • 「失恋した」
  • 「仕事でミスをした」
  • 「育児がうまくいかなかった」
  • 「疲れていた」

など、人それぞれの言い訳があると思います。敢えてマイナスの感情を記録することで、あなたのダイエットの悪いクセを発見できます。

測るだけダイエットのコツと注意点

日記でダイエットの注意点
測るだけのダイエットを始める前に、注意点をいくつか紹介していきます。

徐々に体重を減らしていくため、少しの変化も逃さないように工夫することが大切です。

必ずやることリスト

測るだけのダイエットを始めるにあたり、以下のリストを必ず確認するようにしましょう。

  • 毎日決まった時間に、できるだけ同じような服装で測る
  • 体重計と日記は目につきやすい場所に置く
  • 言い訳をたくさん書く
  • できそうな小さなダイエットをひとつだけ実践する

体重計や記録する日記は、目につきやすい場所に置くのが理想です。玄関やリビング、お風呂場であれば、測り忘れを防げるでしょう。

少しの変化も見逃さないために、体重を測定する条件は、誤差が生まれないよう工夫が必要です。

お風呂に入る前に、洋服を脱いだ状態で測れば、誤差を最小限にできます。

また、測るだけダイエットの醍醐味である、「言い訳」はためらわずにたくさん書きましょう。

実践する小さなダイエットを選ぶコツ

  • キレ子
    キレ子

    4番目の「小さなダイエットを実践する」ってどんなこと? わかりやすく教えてほしい!

  • ナース
    ナース

    わかりました。体重をいきなり落とすような無理な食事制限のダイエットではなく、簡単にできそうなダイエットをイメージしてください。思いつかない時は、次の例を参考にしましょう。

  • 間食をしない
  • 食事を腹8分目までにする
  • ジュースを飲まない
  • おかず1品をサラダに変える

無理なく小さなダイエットを続けることが、成功のポイントです。全体の摂取カロリーを少しでも減らすことができれば、十分な目標になります。

まずは、日記をつけてみよう

日記をつけてみよう
測るだけダイエットの注意点が分かったところで、次に日記をつけてみましょう。

好きなキャラクターやおしゃれな日記であれば、記録をつけるのが楽しくなりますね。自分だけの特別な1冊を作り上げていきましょう。

体重を記録しよう

日記には、必ず毎日体重を測って、記録していきましょう。体重を記録することで、ダイエットの効果が目に見えて分かります。

数値で分かれば、ダイエットに成功したか判断できる材料になりますね。

測るだけダイエットでは、100g単位で変化をみていきますので、◯◯.◯kg(キロ)まで記録するようにしましょう。

言い訳を記録しよう

言い訳は、思う存分記録するようにしましょう。友達に愚痴を言うようなイメージだと書きやすくなります。

「昨日(今日)は甘いものを食べ過ぎたんだよね」、「みんなも食べるって言ったしね」

積み重なった言い訳は、1週間後に見返してみてください。体重が増えた時、言い訳はどのように書かれていましたか?

女性であれば、生理周期と合わせて分析するのも良いでしょう。あなたの悪いクセが少しずつ分かってくると、ダイエットを成功させるためのポイントが見つかります。

頑張ったことを記録しよう

余裕があれば、頑張ったことを記録してみましょう。

頑張ったことがなければ、嬉しかったことや楽しかったことでも良いです。1日の中で、自分にとってプラスになったことを記録すると、次のような効果があります。

  • 自分の頑張りを褒めることができる
  • 努力と結果を結びつけることができる
  • ダイエットを続ける原動力になる

ダイエットを進めていくと、必ず体重が減らない大きな壁にぶちあたることがあります。

「停滞期」とも呼びますが、誰にでも訪れる身体の反応です。

  • キレ子
    キレ子

    停滞期ってどういうこと? 体重が減らなくなる時期があるの?

  • ナース
    ナース

    ダイエットをすると、始めは順調に減量しますが、約1ヶ月を過ぎたあたりから、体重が減らなくなることがあります。身体が飢餓状態と判断して、栄養を蓄えようとするんですよ。ここを乗り越えられないと、大きなリバウンドを起こすかもしれません。

停滞期に関する詳しい記事は、次のページをご覧ください。

停滞期を乗り越えるには? モチベーションを高める秘訣

極端な減量でない限り、停滞期が訪れるリスクは低くなる可能性がありますが、油断は禁物です。

停滞期を乗り越えるためにも、モチベーションを維持することが大切です。そのために、頑張ったことを振り返る時間が必要になります。

日記をつけるために、使えるツール紹介

日記をつけるツールを紹介
測るだけダイエットを続けるには、「測りたくなる」「書きたくなる」工夫が必要です。

測るだけダイエットを成功に導く、優秀なツールを紹介していきます。

乗りたくなる体重計を使おう

体重計は、100g単位で測れるものが望ましいでしょう。

◯◯.◯kgまで表示されるとわずかな変化も見逃さずに記録できます。

また、体組成が測定できるものであれば◎ 体重が増えていなくても、筋肉量が増えて、体脂肪は減っている場合があります。

体脂肪が減ることは、とても良いことです。体重と合わせて、体組成も測定できる体重計を選ぶようにしましょう。

乗りたくなるようなおすすめの体重・体組成計を紹介していきます。是非参考にしてみてください。

タニタ 体重・体組成計 ホワイト BC-705N-WH

タニタ 体重・体組成計 ホワイト BC-705N-WH

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 BC-314-WH

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 BC-314-WH

書き込みたくなる日記を使おう

記録する日記については、記録するスペースが多い日記を選ぶようにしましょう。

あとは、「好きなキャラクターのもの」「シンプルなもの」など自由に決めていただいて構いません。

あなたのこだわりの1冊を見つけてみてください。

私のおすすめする日記を一部紹介します。機能性重視の日記ですが、参考にしてみてください。

書き込み式いいこと日記 2018年版

書き込み式いいこと日記 2018年版

体重はグラフ化できるものを使おう

測った体重は、数値を書くだけでは変化を見逃してしまう可能性があります。体重をグラフ化すると、目に見えて分かりやすく効果を実感できます。

「ためしてガッテン」の記録用紙でも、ダウンロードできるグラフ用紙でも良いです。日記に貼り付ければ、記録忘れを防ぐことができます。

体重グラフ用紙は、無料でダウンロードできるものもありますので、活躍してみてください。

日記をつけて、あなたに合ったダイエット法を

ダイエットを始めてみよう
日記を活用した、測るだけダイエットで、ゆっくりではありますが痩せることができます。

健康的に痩せるため、長続きするダイエットと言えるでしょう。自分を見つめ直す機会も増えるため、ダイエットが楽しくなります。

測るだけダイエットは、家にあるものですぐに始められます。体重を毎日測りたくなるようなツールを上手に活用して、楽しくダイエットを始めてみましょう!

関連記事

理想をカタチにするダイエットサイト