ダイエットの停滞期を乗り越えるには? モチベーションを高める秘訣

ダイエットの停滞期とは
ダイエットを始めたものの、「最近体重が減らない」と落ち込んでいませんか? ダイエットには停滞期と呼ばれる体重が減らない時期があります。

停滞期を乗り越えられないと、リバウンドして失敗に終わってしまうかもしれません。

つらい停滞期を乗り越えるには少し工夫が必要です。モチベーションを高める秘訣を知って、一緒に停滞期を乗り越えていきましょう!

ダイエットの停滞期は誰にでも訪れる

停滞期は誰でも起こる
ダイエットを始めた頃は、2〜3kg減って順調だったのに急に体重が減らなくなった経験はありませんか?

思うように効果が現れないと、つい焦ってしまいリバウンドやリタイアの原因になります。

ダイエットの停滞期とは、一般的にダイエットを始める前の約5%体重が減るころに訪れると言われています。

  • キレ子
    キレ子

    「体重が5%減る」ってどういうこと? わかりやすく教えて!

  • ナース
    ナース

    例えば、体重が100kgの人は、95kgまで減量したところで停滞期を迎えるということになります。70kgの人は、66.5kgまで減ったら要注意ですね。今の体重に5%をかけ算すると停滞期になるかもしれない体重がわかります。

ほとんどの人が、ダイエットを始めて約1ヶ月経過した段階で停滞期が訪れるようです。

体重が順調に減っていたのに、急にストップしてしまうようであれば、停滞期と判断して良いでしょう。

また、停滞期は何度も訪れます。一筋縄ではいかないダイエットだからこそ、続かない理由になります。

停滞期は身体が反応している証拠ですが、乗り越えなければ、ダイエットは成功しません。リバウンドやリタイアしやすいのも停滞期の時期に重なります。

停滞期を乗り越えるためには、自分の意思をどれだけコントロールできるかがポイントに。

つまり、モチベーションをいかに高く保って、ダイエットを続けられるかどうかにかかっています。

モチベーションを保つためには、自分と向き合うことから始まります。心を上手にコントロールし、停滞期を乗り切って、ダイエットを成功させましょう!

停滞期の原因とは? 乗り切るための秘訣

停滞期を乗り越えるポイント
停滞期を乗り越えるためには、メカニズムを知る必要があります。

身体の正常な反応であることを理解して、乗り越えるための秘訣をおさえておきましょう。

原因は身体の防衛反応

今まで摂取していたカロリーなどを制限することで、一時的に体重が減ります。体重が減った時は効果を実感できとても嬉しいですよね。

体重が減ると、本能的に甘いものや美味しいものが食べたくなります。ここに、停滞期で挫折してしまう原因があるのです。

  • キレ子
    キレ子

    停滞期は本能なの? 身体はどんな状態になってしまっているの?

  • ナース
    ナース

    良い質問ですね。停滞期は、身体が「飢餓状態」であると判断します。身体の防衛反応で、脂肪などを蓄えようとしてしまうのです。

停滞期では、身体の消費エネルギーを最小限に抑えようと働きます。

なぜならば、身体は飢餓状態と判断して、栄養を蓄えようとします。

例えば、冬眠する動物のように秋のうちに栄養を蓄えておこうとするのと同じ現象です。

冬眠する動物のように、停滞期に食事を元に戻したり、甘いものをたくさん食べてしまうと元の体重よりも増えてしまう可能性もあるので注意が必要です。

停滞期は必ず起こる反応であることを理解していれば、リバウンドやリタイアを防ぐことができるでしょう。

乗り切るための秘訣の基本

停滞期は、数週間で終わる人もいれば、1〜2ヶ月続く人も。

強い意志を持つことが停滞期を乗り越える基本姿勢になります。

  • キレ子
    キレ子

    「強い意志を持つ」って簡単そうで難しい。具体的に教えて!

  • ナース
    ナース

    停滞期を乗り越えるための秘訣、3つの基本をお伝えしましょう。

慌てないで、冷静に

停滞期は誰にでも起こることを理解していれば、慌てないで冷静にいられるのではないかと思います。

急に体重が減らなくなり、甘いものや美味しいものを衝動的に食べたくなる欲求が現れたら、「停滞期かもしれない」とアンテナを張ってみましょう。

体重計に乗るのが億劫でなければ、体重を記録するのは続けてください。もし、体重計に乗るのも嫌になってしまえば、思い切って一旦計測を止めてみましょう。

気持ちが落ち着いたところで、改めて計測してみてください。もし体重が増えてしまっていても、身体が正常に反応している証拠です。

落胆せずに、きちんと記録をして、次のダイエットへつなげる一歩を踏み出しましょう。

ダイエットを振り返る

停滞期に入ったら、これまでのダイエットを振り返ってみましょう。ダイエットを頑張った事実が必ずあるはずです。

振り返るためには日々の記録が重要な手がかりになります。スマホのアプリを使うのも良し、日記に書き込むのも良し。

ダイエットの頑張りをわかるようにしておくことが大切です。停滞期を迎えるまでには、体重が減った時期が必ずあると思います。

体重が減った、もしくは増えていない事実は、努力の結果そのものです。

また、ダイエットを振り返ることは停滞期に限らず、自分に合ったダイエット方法なのかを判断する手段にもなります。

振り返ることで、効果的なダイエットで続けられそうか、明らかになってきます。

消費カロリー≧摂取カロリーは徹底

停滞期を知らずに、効果が十分に現れないと諦めてしまうことがあります。

身体の本能をコントロールできずに、食べ過ぎてしまったり、ダイエットをやめてしまったり。ここで踏ん張らないと今までの苦労が台無しです。

体重が減らなくなって停滞期を迎えたら、せめて消費カロリーよりも摂取カロリーが多くならないように心がけましょう。

甘いものをつい食べ過ぎてしまったら、いつもより多く運動するのも効果的な方法です。

体重を減らすのが難しければ、体重を維持することを目標にしてみましょう。

知らなきゃソン! モチベーションアップ術

モチベーションアップ術
停滞期にはいかにモチベーションを高く保つことが乗り切るポイントになります。

つらい停滞期を乗り切るモチベーションアップ術を3つ試してみましょう。

ダイエットの頑張りを褒める

停滞期を迎えるまでには、きっと何かしらの努力をしたはずです。これまで、頑張ってきた自分を褒めてあげましょう。

自分を褒めることは、日本人はとても苦手と言われています。

自分を褒めるプロセスは、肯定的フィードバックと呼ばれ心理学でもよく使われる技法です。

停滞期を乗り越えるためには、自分をたくさん褒めてモチベーションを高く保つことがポイントになります。

体重が増えないことを目標とする

停滞期に無理に体重を減らそうとすると、なかなか効果が現れずリバウンドしてしまう恐れがあります。

せっかく体重を減らしたのに元の体重以上に増えてしまえば、本末転倒です。「停滞期かな?」と感じたら、目標を一旦変えてみましょう。

停滞期では、体重が増えずに維持できていればパーフェクトです!

心にも余裕を持って、停滞期を乗り越える原動力にしましょう。

ダイエットを忘れて趣味に没頭する

停滞期でどうにもならないときは、一旦ダイエットを忘れる手段も必要になります。

ダイエットの生活から離れることで、気持ちを切り替えてまた頑張れるかもしれません。ダイエットのことを考えないようにするのは、健康的な対処方法です。

その他にも、スポーツや趣味に没頭することができれば◎。

一方で、現実逃避して甘いものを食べ過ぎたり、健康のために痩せてるからタバコは吸うなど合理化するようであれば、改善が必要です。

不健康な対処行動では、ダイエットを失敗するリスクが高まります。不健康な対処行動は無意識のうちにしてしまっていることがありますので、次のリストを確認しておきましょう。

合理化

「ダイエットをしているからタバコを吸っても平気」と理屈を並べることを合理化と言います。

置き換え

「ダイエットがうまくいかないストレスを八つ当たりすること」を置き換えと言います。

逃避

「現実逃避して、好きなお菓子ばかりを食べる」など面倒に感じることから目をそらしてしまうことを逃避と言います。

反動形成

「ダイエットを本当はしたくないのに、ダイエットをもっと頑張ると周囲に言ってみる」など本来の欲求とは反対の行動や言動によって制御しようとすることを反動形成と言います。

例にあげたリストは、心の防衛機制の一例です。心を守るために無意識に働くため、ダイエット中では周りに言われて気づくことがあります。

例にあげたような不健康な対処行動があれば、スポーツや趣味に没頭するなどストレス発散方法を見直すようにしましょう。

ダイエットを成功させよう

ダイエットを成功させよう
ダイエットには必ず停滞期が訪れます。身体の本来の反応であることを覚えておけば、焦ることなく対処ができるように。

停滞期を乗り越えれば、ダイエットを成功させることができます。最後に停滞期を乗り越えるためのポイントをおさらいしてみましょう。

  • 体重が減らなくても、焦らない
  • 消費カロリー≧摂取カロリーを徹底する
  • ダイエットを振り返って、自分を褒める
  • 目標は体重を維持することに変える
  • スポーツや趣味に没頭して、気分転換をしてみる

これらのポイントを実践しながら、まずは体重を維持することから始めてみましょう。

関連記事

理想をカタチにするダイエットサイト