【キレイにやせよう】この冬に食べたいダイエットスープ

あなたやあなたの周りで、ダイエットにスープを取り入れている方はいませんか?

『ダイエットスープ』に関する記事はたくさん紹介されているので、試したことがなくても『ダイエットにいいのかも!?』っと興味を持っている方も多いかもしれません。

今回は、ダイエットにスープを取り入れるメリットと体の中からポカポカ温まるダイエットスープのレシピを紹介します。

ダイエットスープを試してみよう!

白い紙にペンで書かれたBecreativeという英単語と電球の絵
いったいダイエットスープは、どういう人におススメなのでしょうか?

ダイエットスープをおススメしたいのは、こちらのような方です。

  • ついつい食べ過ぎてしまう方
  • 冷え性の方や代謝を良くしたい方
  • 手軽にたくさん野菜を食べたい方
  • 手間をかけずに料理をしたい方

いかがでしょうか?

では興味を持ってくださった方のために、ダイエットスープのメリットについて詳しくお話をしていきます。

ダイエットスープの3つのメリット

気の鍋敷きの上に置かれたオレンジ色のふたが閉まった鍋
ダイエットスープがキレイにやせられると言われている理由は次の通りです。

カロリーが控えめなのに、お腹がいっぱいになりやすい

スープは水分が多い料理なのでカロリーが抑えられ、さらに満腹感も得やすくなります。ですのでついつい食べ過ぎてしまう方は、食事にスープをプラスすることをおススメします。

温かいスープで体の中から温まる

温かいスープを飲むことで、体の中が温まり血行が良くなります。また冷え性が改善されると、体温が上がり代謝がアップするのでやせやすくなります。

【代謝アップでやせ体質】代謝を上げる蒸し生姜レシピ

野菜をたっぷり食べられる

野菜は加熱することで、かさがグッと減るのでたくさんの量を食べやすくなります。食物繊維をしっかり摂ることで、お通じが良くなり腸内環境が整えられるので、自然にやせ体質に近づけます。

【ダイエットの一歩は、噛むことから】よく噛む!切り干し大根レシピ

ダイエットスープのメリットは、いかがでしたでしょうか?

お腹いっぱい食べられて、体の中からキレイにやせられるなんてまさに一石三鳥ですね。

ですがさらに、ダイエットスープの効果をアップさせる方法があれば知りたくありませんか?

ダイエット効果をアップさせる調理のポイント

倒れたガラスの容器から中に入っていた塩がテーブルにこぼれている
おいしい食事に欠かせない味といえば、塩分です。

もちろん体にとって必要な塩分ですが、摂りすぎるとダイエット効果も下がってしまうおそれがあります。

ダイエット効果が下がってしまう理由としては、塩分を摂り過ぎると、体液を薄めようとして体に水分がたまりやすくなります。

その結果、体がむくみ血流か滞るので代謝が落ちてしまいやせにくくなってしまうのです。

そこで、塩分を控えてもおいしく食べられるアイデアを紹介します。

塩分を控えても料理がおいしくなるポイント

塩分を控えても料理がおいしくなる3つのポイントはこちらです。

  • だしを使う
  • こしょうなどの香辛料や酢などの酸味をアクセントに使う。
  • 生姜、ねぎ、ごま、ハーブなどの香味野菜を使って、味に変化をつける。

せひ、料理をする際の参考にしてくださいね。

それでは、体の中からキレイになれるダイエットスープを紹介します。

この冬におススメ!体ポカポカ、モヤシと生姜の中華風スープ

赤とオレンジ色のチェックのランチョンマットの上にもやしとしめじとにらと生姜の入った中華風スープ
今回は、他の野菜より断然安く手に入るもやしと体を温める効果がある生姜を使った家計と体に優しいスープを紹介します。

こちらは、ほっと一息つきたい時にぴったりなだしの旨味とごま油の風味が食欲をそそるスープです。

まずは、レシピを紹介する前にもやしの豆知識をお伝えします。

もやしの豆知識

もやしは、コラーゲンの合成に関わるビタミンCや血圧を下げる働きのあるカリウムを豊富に含んでいる食材のひとつです。

それでは、スープの材料とつくり方は以下の通りです。

材料(2人分)

赤とオレンジ色のチェックのランチョンマットの上に置かれたスープの材料はだし汁ともやしとにらとしめじと生姜と塩と醤油とごま油

  • だし汁・・・・・・・・・・300ml
  • もやし・・・・・・・・1袋(200g)/しめじ・・・・・・・・・・・1/6袋(40g)
  • にら・・・・・・・・・3房(20g) /生姜・・・・・・・・・・・・輪切り1枚(5g)
  • 醤油、塩、ごま油・・・・・適量

つくり方

  • もやし、しめじ、にらは食べやすい長さに切り、生姜はみじん切りにする。
  • 煮立たせただしにもやし、しめじ、生姜を入れ加熱する。
  • 野菜に火が通ったら、にらを入れひと煮立ちさせる。
  • 調味料を入れ、味を整える。

調理のポイント

  • にらは火が通りやすいので、最後に入れると緑色がキレイに残ります。
  • ごま油は火をとめてから入れると、風味が残り香りが良く仕上がります。

それでは食材や調味料の種類を変えて、いろいろなアレンジを楽しんでくださいね。

ダイエットスープで心も体も温まろう!

ココアが入った赤いマグカップを握る赤い手袋をはめた女性の手元
いかがでしょうか?

最後にもう一度、ダイエットスープのメリットをおさらいします。

  • カロリーが控えめなのに、お腹がいっぱいになりやすい。
  • 温かいスープで体の中から温まる。
  • 野菜をたっぷり食べられる。

ぜひこの冬は、ダイエットスープを飲んで体も心もすっきりしてみませんか?

理想をカタチにするダイエットサイト