アルコールがダイエットに及ぼす本当の理由と痩せる飲酒の方法!

お酒はダイエットに良くないと言われているけど本当にダメ?

アルコールが原因じゃなくて一緒に食べる食事が原因なんでしょ?

とダイエット中の飲酒について気になっているあなた!

気持ちはわかりますよ。

私もお酒が好きなんで(笑)

こんなの見ちゃうとすぐに試して飲みたくなるんですよね。

しかし、この記事では、「痩せたいけどお酒も飲みたいんです!」と言う人のためにダイエットにアルコールがどう影響するか?

また、アルコールとの付き合い方について詳しく書いていきます。

よく読んで、太りにくいお酒の飲み方を覚えてくださいね♪

お酒の種類で太りやすさが違う?

アルコールの種類

アルコールには『太りやすいお酒』と、『太りにくいお酒』があります。

例えば、「ビールよりもウイスキーを飲んだ方が太りにくいからハイボールがいいよ」などと聞いたことはありませんか?

これは、お酒の作り方で分けた時に糖質を含むものと、そうでないもが存在するためです。

お酒の種類

醸造酒・・・ビール、日本酒、梅酒、ワインなど
蒸留酒・・・焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカなど

アルコールは種類によって、糖質の量が違うので「太りやすさ」と言う意味では、違いがあります。

しかし、実際はどのアルコールも、『太る原因そのもの』だと私は思っています!

次の項目で、その辺りを詳しく書いていきますね。

もしかしたら、これを読んだらダイエットにチャレンジそている人は、お酒を飲めなくなるかもしれませんので覚悟してください(笑)

お酒で太るメカニズムを解説!

アルコール代謝

普段から糖質量が少ないお酒を飲んでいます!」と言う方は実際に多くいます。

しかし、糖質が少なくてもお酒を飲めば太りやすくなります。

意外に知られていない、お酒で太るメカニズムをご説明します。

アルコール代謝の問題

まずは、飲んだお酒が体の中でどう代謝されるのかを理解してもらう必要があります。

詳しく書くと難しくなるので、大切なことだけ2つピックアップして説明します。

  • 脂質、糖質、たんぱく質は肝臓で代謝される
  • アルコールも肝臓で代謝される

身体に必要な3大栄養素は肝臓で代謝されています。

特に、糖質が肝臓で正常に代謝されることで中性脂肪を溜め込まないようにしていく仕組みになっています。

これは、ダイエットにも大きく関係していると言うことです。

そんな中、お酒を飲むことで、肝臓はアルコールを優先して代謝していくようにできています。

お酒を飲むこと自体が、体に必要な3大栄養素の代謝より優先されるので体に良くない影響を及ぼすのです。

アルコールは肝臓への負担が強い

そもそも、お酒(アルコール)は、アセトアルデヒドと言われる体にとって毒として処理されます。

体にとって毒なのですから、体外に排出するために最優先に肝臓で代謝されます。

この時、肝臓に大きな負担がかかります。

アルコールだけでも、肝臓に負担がかかるのに、一緒におつまみなどの食事を摂るとどうなるでしょう?

タンパク質や糖質まで分解しないといけないので、どれだけ肝臓に負担がかかるのかというのは容易に想像ができると思います。

アルコールと食事を一緒に摂ると言うことをまとめると…

  • アルコールの分解代謝が最優先になる
  • 3大栄養素の代謝分解は著しく低下する
  • 代謝されなかった栄養素は体脂肪として蓄積しやすくなる

簡単に言うと、『食べたものが正常に代謝されないのでとっても太りやすくなりますよ!』と言うことです。

お酒と上手に付き合うには?

お酒を味方に

ダイエットにアルコールが体に悪いということがわかり、「お酒を控えよう」と思った方もいるでしょう。

しかし、大多数は「とは言ってもお酒はやめられないよね」と言う感想をお持ちではないでしょうか?

そこで、ここからは、お酒との上手な付き合い方について考えていこうと思います。

アルコール度数や量を考えてみて

普段どのくらいのお酒を飲むのかは人それぞれだと思いますが、アルコールの量が多いほど代謝は悪くなり太りやすい状態になります。

少量であれば、『酒は百薬の長』と言われ、緊張を和らげたり、血行をよくするなどの働きもあります。

しかし、先ほども伝えましたが、アルコールは飲みすぎると体にとって毒です。

ダイエットを気にして、糖質が少ないハイボールや、焼酎を飲んだとしても、量が増えれば増えるほど太りやすい状態を作ってしまいます。

痩せたいと思っているなら、お酒はアルコール度数の低いもので少量で楽しむようにしてください。

太りにくい食事やおつまみを選んでみて

お酒を飲む時は、美味しい食事やおつまみと一緒に飲むことがほとんどですよね。

繰り返しになりますが、お酒を飲むとアルコールを体外に排出するために分解代謝が優先的に行われます。

これにより、食事を分解代謝することは後回しです。

ダイエットのことを考えると、「お酒と一緒には食べ物を食べない!」と言うのが一番のオススメです。

しかし、さすがにそう言うわけにもいかないですよね。

この時に、食べる料理を選んで食べることができれば、太りにくいお酒とのお付き合いができます。

基本は、低糖質やタンパク質を中心に選んでください。

オススメのおつまみは以下の通りです。

オススメのおつまみ

焼きとり:ネギまなど、タレではなく塩がよく、消費しがちなタンパク質を補強。

えだまめ:豊富な栄養が含まれ特にカリウムはむくみ予防に効果あり。

豆腐:低カロリーな豆類タンパク質を補給。

するめ:イカに含まれるタウリンは肝臓の機能を向上させる。

きのこ:食物繊維やビタミンD、脂質の吸収をおさえるキノコキトサンが優秀。

海藻サラダ:ぬメリ成分のフコイダンが腸から脂肪を吸収するのをおさえます。

次の項目では、お酒をやめたら本当に痩せられるのか?

と思っている人のために口コミを探してみました。

お酒をやめて痩せた口コミ(体験談)

禁酒でお腹が凹む

ここでは、お酒をやめて実際に痩せた人の口コミや体験談をご紹介します。

どうでしょうか?

体験者の声を見ても、いかにアルコールがダイエットに影響をおよぼすかということがお分かりいただけると思います。

すぐにやめられなくても、少しずつでもアルコールの量を減らすことからチャレンジしてみはどうでしょうか♪

それでもアルコールを飲みたい人は?

アルコール依存症

アルコールをやめたら痩せるのはわかった!でも…

そんな人もいると思います。

そんな人のためにいくつかオススメの方法をご紹介します!

糖質オフのノンアルを飲む

ノンアルコールはお酒じゃありませんが、最近ではお酒と変わらないほどの味や風味を感じさせるものが販売されています。

特に糖質をカットした商品も多くなってきています。

毎回すべてのお酒をノンアルにするのは厳しいでしょうが、「2杯目からはノンアル」「平日はノンアル」などできる範囲で調整するだけでもダイエットの効果は出てくるでしょう。

お酒の前に豆乳を飲む

お酒を飲む前に乳製品をのむことで、胃の中に膜を作ります。

これによりアルコールの吸収をおだやかにする効果があり、特に効果的でオススメしたいのは豆乳です。

豆乳は、低カロリーで体にもいいので試してみてください。

飲み会などであれば、コンビニで事前に購入して飲んでおくだけでも、血糖値の上昇などを抑えることもできますしおすすめです。

たっぷり睡眠をとってください

アルコールの飲みすぎに限りませんが、ダラダラと遅くまでお酒を飲んで、寝る時間が短くなるとより太りやすくなるので注意してください。

これは、アメリカの名門コロンビア大学の実験でも、睡眠時間が短い人ほど肥満になる確率が高いという結果が出ています。

寝ている間は、心臓と肝臓を動かすために基礎代謝が上がっている状態です。

そして、この時に消費されるエネルギーは、体に蓄積された脂肪を消費して行きます。(もちろん食べ過ぎていたら意味ありませんが…)

7時間を目安に睡眠を取れるようにダラダラとお酒を飲まないようにしてください。

特にお酒を飲んだ時は眠りも浅くなりがちなので、早くアルコールを切り上げ、利尿作用のあるお茶などを飲むようにして調整するようにすると良いです。

最後に

お酒の嗜み方まとめ

これまで、書いてきた通り、アルコール自体の量を減らすことができれば、ダイエットにはとても効果的です。

しかし、完全にお酒を我慢してしまうことは難しかったり、ストレスが溜まってしまうものです。

お酒の種類や量、飲み方、一緒に食べる食品の見直しを少し工夫するだけで、お酒がダイエットへ与える影響を最小限に抑えることができます。

ここに書いていることを実践し、お酒と上手に付き合いながらダイエットを成功させていただければ幸いです♪

関連記事

理想をカタチにするダイエットサイト