生理周期とダイエットは深い関係が?痩せ期・痩せにくい時期を解説!

女性はいくつになっても美しくありたいと思うもので、ダイエットもその一つ。無理やストレスを溜め込まず効果的に痩せるためには「生理周期」が関係しているのをご存知ですか?

生理周期には痩せやすい時期と痩せにくい時期があり、生理周期に合わせてダイエットすることでストレスの少ない効率の良いダイエットができるのです。

今回は、痩せやすい時期と痩せにくい時期を解説します!

ダイエットと生理周期の関係性は??

生理周期は、通常25日~38日卵胞期、排卵期、黄体期、月経期の4つ時期を繰り返し体が妊娠に備えて準備をします。

この生理周期には複数の女性ホルモンが関与しており子宮内膜の状態を保っています。

ダイエットには女性ホルモンであるエストロゲンプロゲステロンが大きく関わっており、生理周期には脂肪を溜め込みやすい痩せにくい時期と運動に適した痩せやすい時期があります。

それぞれの時期の特徴と複数のホルモンの関わりを理解することでダイエットに最適な時期や食事、運動する時期などを知ることができます。

ダイエットの鍵!!エストロゲンとプロゲステロンって?

ダイエットには痩せやすいとされるエストロゲンと痩せにくいとされるプロゲステロンの二種類のホルモンがあります。

どちらも女性ホルモンのひとつで生理周期に関与し、それぞれ子宮で受精卵が着床しやすいよう働いています。

痩せホルモンのエストロゲン

卵巣、子宮、乳房など女性特有の臓器に働くだけではなく骨や血管、代謝などにも作用するホルモンで女性の体づくりには欠かせないホルモンです。

乳汁の分泌やふっくらとした乳房の形成の他に、肌や髪質を整え、子宮内膜を厚くして妊娠に備える準備をするなどの役割をしています。

痩せにくいホルモンのプロゲステロン

卵巣、子宮、乳腺などに作用するホルモンです。子宮内環境を整え周辺の血行を促進させることで子宮内膜の厚みを維持します。

また体温を上昇させる働きや脂肪を溜め込む性質もあり受精卵を着床させやすくします。

妊娠の際には乳腺を発達させる役割もあります。

では、それぞれの生理周期の時期の役割と痩せやすさを見てみましょう!

月経期

月経期は、生理が始まった1日目~7日目の時期で、受精卵が子宮内膜で着床せず妊娠しなかった場合に肥厚した子宮内膜がはがれ落ち経血として体外に排出されます。

痩せやすさとダイエット中の過ごし方

生理期間中はエストロゲンとプロゲステロンの分泌が低下してしまうので代謝が悪くなるため痩せにくい時期です。

また生理痛や頭痛、体のだるさなど不調が出やすい時期でもあるため無理せずダイエットはお休みして体重をキープするようにしましょう。

月経期が始まって3日目までは経血の量が多い時期です。

経血の量が多い場合には貧血を引き起こしやすくなるため運動は控え生理期間が終わるまで無理せずゆっくり過ごしましょう。

月経期のポイント

  • 月経期は生理1日目~7日目
  • 月経期は痩せにくい時期
  • ダイエットはお休みして体重をキープ

卵胞期

月経期が終わった7日目前後で生理周期の約6~12日目の時期で、卵巣からエストロゲンの分泌が増え子宮内膜が徐々に厚みを増していきます。

卵巣でも新しい卵子を作りはじめ卵胞が卵子を包んで排卵期に向けて備えていきます。

痩せやすさとダイエット中の過ごし方

エストロゲンの分泌が増え始めることによって代謝が上がり痩せやすい時期です。

エストロゲンによって代謝が上がるだけでなく肌ツヤが良くなり、髪の毛や爪などのツヤもよくなります。

また月経期で老廃物が体の外に出ているため気分的にもリラックスしている状態なのでダイエット再スタートに適しています。

有酸素運動や筋肉量をアップさせリバウンドを防ぐための筋トレなどを取り入れましょう。

過度な食事制限はホルモンバランスが乱れの原因になりますので量を減らしてもバランスよく食べることを心がけましょう。

卵胞期のポイント

  • 卵胞期は約6~12日目
  • 代謝が上がり痩せやすい時期
  • ダイエットには有酸素運動がオススメ

排卵期

卵胞期が終わった5日前後で生理周期の約13~17日目の時期で、卵胞期に成熟した卵子が排卵日に卵巣を飛び出して卵管を通り子宮に向かう排卵が起こります。

子宮内膜ではエストロゲンの分泌がピークを迎えさらに子宮内膜が厚くなります。

排卵後は、エストロゲンからプロゲステロンの支配に代わり黄体期へと準備が始まります。

痩せやすさとダイエット中の過ごし方

排卵日まではエストロゲンが優位であるため比較的痩せやすいと言えますが、排卵後はプロゲステロンの分泌量が多くなるため痩せにくくなります。

基礎体温を測定し上昇している場合は排卵後であるため体重が落ちないわけではありませんが体重の減少は緩やかです。

排卵期前半までは卵胞期と同様に有酸素運動や筋トレと適度な食事制限を行いましょう。

排卵期のポイント

  • 排卵期は13~17日目
  • 排卵日前は痩せやすい時期
  • 排卵後はプロゲステロンが優位になるので痩せにくい時期になる

黄体期

排卵期が終わった10日前後で生理周期の約18~28日目の時期でプロゲステロンの分泌量がピークを迎え、エストロゲンによって厚くなった子宮内膜をふかふかのベッドの状態を作り受精卵を受け入れる状態にします。

受精卵が受け入れられると妊娠へ、着床しない場合は生理(月経期)が始まります。

痩せやすさとダイエット中の過ごし方

黄体期はプロゲステロンの分泌が活発になり妊娠に向けて脂肪や栄養、水分を溜め込みやすく痩せにくい時期です。

生理前に無性に甘いものが欲しくなるのはプロゲステロンの作用によるもので、時期としては一番痩せにくい時期になります。

黄体期は食欲が一時的に増す時期でもありますので、暴飲暴食は避け食事量はそのままに食事の回数を増やすなど工夫しましょう。

黄体期ポイント

  • 黄体期は約18~28日目
  • 黄体期は痩せにくい時期
  • 暴飲暴食は避け、いつも通りの運動を心がける

まとめ

生理周期に合わせてダイエットをするカギを握るのは女性ホルモンです。

月経期、黄体期はプロゲステロンの影響を受け痩せにくく、卵胞期、排卵期前半はエストロゲンの影響を受け痩せやすくなっています。

生理周期と女性ホルモンはあくまで効果的にダイエットをするための指標です。まずは食生活と運動量を見直し健康的にダイエットを行いましょう!

関連記事

理想をカタチにするダイエットサイト