ナッツ類ダイエットはお腹が減りずらく、空腹ストレスは少ないって本当?

ナッツ類でダイエット

ダイエットにはつきものとなってしまっている空腹状態…。

空腹状態が脂肪を燃やす状態というのはなんとなく知っていてもツラいし、なるべくであれば長い時間は空腹状態を感じたくはないですよね。

ナッツのイメージから太るのでないかと誤解もあり、以前は知っている人しか知らないしやらないダイエット方法であったナッツダイエット。

ブログなどで紹介している人も多くなってきたことから、このダイエット方法を知ったという人も多いのではないでしょうか?

ナッツ類についてしまっている太るのでないかという誤解から、ダイエットに適したナッツ、食べ方を紹介します。

ナッツダイエットってなんですか?

まず、気になるナッツダイエットですが、ナッツを食べて行うダイエット方法です。

…。…。…。名前そのままじゃないか〜い!と言われてしまいそうですが、ほんとそのままナッツを食べて行うダイエット方法なんです。

ナッツ類の誤解

ナッツはピーナツ、アーモンドなどチョコに入っているイメージ、お酒を飲む時のおつまみのイメージが少し強くなるからか、食べたら太るのをイメージする方が多いのでないかと思います。

カロリーも脂質も高めで少なくとも痩せる、ダイエットのときに食べるものとイメージする方は少ないのではないでしょうか?

これははっきりいってしまうと「大きな勘違い」で、ナッツ類こそ特にダイエット中は積極的に食べた方がいいものといえます。

なぜダイエット中は積極的に食べた方がいいのか、実際ダイエットの効果はどんなの?を続いて説明しますね。

一番気になるナッツダイエットの効果は?

ナッツに含まれて成分から数多くの効果をメリットとしてあげられるのですが、大きな効果としてあげることのできる3つを効果として紹介します。

1.肌の美容にもいい

ナッツにはビタミンEが多く含まれています。

ビタミンEが何をしてくれるかというと、抗酸化作用により体内で発生した活性酸素を除去する働きをしてくれます。

このことは新陳代謝が促進されることにつながり、アンチエイジング効果が期待できるんです。

女性から見ても綺麗であこがれるローラさん、山本美月さんも、ナッツ類をよく食べると紹介されていました。

2.便秘の改善

ナッツ類には食物繊維が多く含まれています。

ダイエット中は食事制限で通常でも不足している方が多い食物繊維を、ナッツ類を食べることで摂取でき、便秘の改善も期待できます。

3.空腹で苦しみづらい

ナッツ類自体は脂質も多く、低カロリーと呼べるものではありません。

低カロリーではないのですが、噛みごたえ、脂質、食物繊維の多さから少量で満足感を得られます。

結果摂取カロリーを抑えられますので、ダイエットに適しているといえます。

摂取カロリーをあまり無理なく抑えられ、かつ肌の美容にもいい、便秘の改善も期待できるダイエット中の食べ物は、あまり他にはないものといえるのではないでしょうか?

では、続いてナッツダイエットには、どんなナッツが向いているのでしょうか?

特にダイエットに向いているナッツ一覧

コンビニやスーパーなどでも手に入りやすく、ナッツダイエットに向いているナッツを紹介します。

※1つ注意点
ナッツを選ぶ際は「無塩、もしくは素焼きのもの」を選ぶようにしてください。

おつまみのナッツなどは油、塩分量の摂取量が多くなっていまうため、ナッツダイエットには不向きです。

チョコレートで包まれているナッツもとても美味しいですが、ダイエットには不向きですので、ナッツダイエットをする対象からは残念ながら外してくださいね。

アーモンド

アーモンド

ビタミンE、オレイン酸のなどの抗酸化作用の高い成分や、食物繊維が多く、栄養価も抜群でクセが少ないナッツダイエットとの大定番

注意点:バターなど味付けがされているものが多いので、選択には注意

ピーナッツ

ピーナッツ

不飽和脂肪酸であるリノール酸、薄皮には抗酸化成分であるアントシアニン、レスベラトロールを含む優等生で、手に入りやすいのに加えて、馴染みの味

※厳密にはナッツではなく、マメ科の一種

注意点:アレルギーを持っている人もいるので注意

くるみ

くるみ

血管をしなやかにしたり、細胞の活性化を促進してくれる、n-3系脂肪酸の一種のαリノレン酸が多く含まれおり、くるみ特有の渋みがクセになるかも

注意点:ナッツ類のなかでも高カロリーなので、量には注意

カシューナッツ

カシューナッツ

たんぱく質を合成する亜鉛、貧血予防に鉄、ビタミンKやマグネシウムも豊富で美味しい

注意点:糖質がナッツ類のなかでは多いので食べ過ぎに注意

ひまわりの種

ひまわりの種

リノール酸、抗酸化成分であるビタミンEや、貧血の予防の鉄など成分が豊富、かつソフトで食べやすい

注意点:皮を破って中身だけを食べるようにしてください

かぼちゃの種

かぼちゃの種

カルシウムやリン、鉄などのミネラル源が豊富、リノール酸、オレイン酸なども含まれており、漢方では生薬としても使われている

注意点:食べ過ぎはリノール酸、オレイン酸によりアレルギー症状が悪化することも

ナッツダイエットのナッツの食べ方

普通に食べてもおいしいナッツ類ですが、ダイエットとして食べるには、より適した食べ方があるので紹介します。

一つのナッツに執着しない

ダイエットに適しているナッツは数多くありますので、アーモンドならアーモンドだけなど1つに執着(しゅうちゃく)しないのがポイントです。

単品ダイエットをしたことがもしあれば同感してもらえるのでないかと思いますが、例え効果があっても同じものを食べ続けるというのは飽きが早く訪れます。

ダイエットは1日だけでなく継続するということが大きな成功へのポイントとなりますので、今日はこれ、明日はこれという感じに、複数の種類のナッツを食べるようにしてくださいね。

おやつとして食べる

ダイエット方法として一般的になってきた置き換えダイエット。低カロリーな食事を朝昼晩のどれか1食、名前の通り置き換えるものです。

ナッツダイエットもこの置き換えダイエットの方法で1食置き換えるようにしてくださいね・・・といいたいところですが、置き換えダイエットを行う必用はあまりありません。

オススメする食べ方はおやつとしてナッツを食べることです。

ダイエット中は食事制限をする方が大半ですので、摂取カロリーは確かに減るのですが、取るべき栄養素が不足がちになります。

ナッツ類をおやつとして食べることで

・不足している栄養素を補給できる
・お腹が減りづらく結果摂取カロリーが減る
・ツラくなりづらいので、ストレスが少ない

という感じで、おやつに食べることが最適といえます。

食べる時間

いつ食べてもいいともいえるのですが、よりナッツダイエットの効果を得るようにするには最適な時間があります。

別記事(ダイエット中におやつについて)でも紹介しているのですが、こんな研究結果が発表されているので見てください。

BMAL1の量
BMAL1活動表 データ参照:日本大学 榛葉准教授

上の図はBMAL1(ビーマルワン)という体内時計遺伝子の活動の表になります。

このビーマルワンは脂肪を合成したり血中のブドウ糖の量を増やす働きがあるという、体の脂肪の増減に大きく関係しています。

上の表を見てのとおり昼間の2時(14時)くらいが一番ビーマルワンの影響を受けなくなりますので、食べるのに適した時間といえます。

おやつとして食べるとオススメしたとおり、食べるのは昼食と夕食の中間のおやつの時間に食べるのを可能であればオススメします。

食べる量

最後に重要なことになりますが、食べる量が大切になってきます。

1日の食べる量は20〜25gまでに抑えるようにしてくださいね。

これ以上食べてしまうと健康のための栄養補給としてはステキなことですが、ダイエットとして考えると道が外れてきてしまうことになります。

ナッツダイエットについて紹介してきましたが、ナッツダイエットの先にしている人達の口コミはどのような感じなのでしょうか?

ナッツダイエットはどうでしたか?

よい口コミ
・お腹が減りづらいと聞いて始めたけど、ほんとにあんまり減らないからビックリ! (30代 / 男性)

・ナッツって種類がいっぱいあるから、毎日食べていても飽きずに続けられます (20代 / 女性)

・ダイエット中は便秘、肌荒れがセットの付き物だと思っていましたけど、ナッツのおかげか痩せてきているのに便秘、肌荒れで困らず毎日を過ごしていますよ (40代 / 女性)

・食べ過ぎないようにだけを注意すれば、今までやってきたダイエットの中で一番私にあっているダイエット方法です (40代 / 女性)

・ナッツダイエットを開始して1ヶ月くらいですが、体が締まりはじめてきました。我慢しているって感じがあまりないのと、コンビニとかで手軽に買えるから無理なく続けられています (30代 / 男性)

わるい口コミ
・ナッツ類だからかな。独特な匂いが私にはダメでした (20代 / 女性)

・食べ始めたら止まらなくなるから、逆に太りましたよね (30代 / 男性)

・味がどの豆も単調すぎてツラいし、豆類はもう見たくもないです (40代 / 女性)

・2ヶ月おやつではナッツと決めて食べていたのに、まったく変化なしでした (20代 / 女性)

・ダメと頭の中ではわかっているのに、やっぱりお酒つまみだから飲んじゃってダイエットどころではなくなるというね。。。 (50代 / 女性)

ナッツダイエットまとめ

ナッツダイエットどうでしたでしょうか?

ナッツは甘いチョコと合わされるイメージもあるのかダイエット中は敬遠されがちでしたが栄養素を含め、ダイエットに適した食べ物です。

噛みごたえからの満足感、お腹も減りづらく、肌の調子も整えてくれると、逆に食べないほうが損といえるかもしれません。

ナッツをうまく食べて、ダイエットを成功させて下さいね。

小分け4種 ミックスナッツ 1.05kg

理想をカタチにするダイエットサイト