代謝を上げて痩せ体質になろう!見落としがちな代謝の秘密

体重計で悩む女性たくさんのダイエット法を試してきたけどなかなか目に見える成果が出ないと悩んでいませんか?

しかも年齢とともに落ちていのが基礎代謝です。

しかし、代謝を意識してダイエットを始めた私は、半年でリバウンドなしの痩せ体質を手に入れました。

筋トレもいいけど私は苦手(笑)もっとらくにやせられないの?』

というあなたに、私が経験して分かった「楽に痩せる、代謝を上げるコツ」をお伝えしていきます。

代謝をあげる・・・『代謝』ってなに?

代謝に対する疑問痩せにくくなってきた時に、代謝が落ちるという言葉が頭をよぎりませんか?

しかし、本来の意味を知って使っている人はとても少ないようです。まずはその言葉の意味を考えてみましょう。

代謝とは体の中で起きているすべての化学反応です!

簡単に言うと、

  • 体内にエネルギーを貯蔵する“合成”(同化作用)
  • 体内のエネルギーを放出する“分解”(異化作用)

この二つの化学反応を代謝といいます。理科のお勉強みたいになりますが

同化作用 異化作用
簡単な定義 食べ物から体を作る際に、細かな物質から複雑な物質へ合成すること 身体を動かすために糖や脂肪を分解してエネルギーを作り出すこと
具体例 ・アミノ酸から筋肉(タンパク質)を合成する
・糖から皮下脂肪や内臓脂肪を合成する
・糖や脂肪を燃料に運動や身体活動する
・呼吸や排泄

といった感じです。すなわち、

食べると太る人も、実は代謝が良い!といえます。

しかし、一般的には、代謝とは運動をして脂肪を燃焼させる⇒分解(異化作用)をさしています。ここから先ではこの異化作用の意味で代謝という言葉をつかって説明していきますね。

朝は運動のゴールデンタイム。一日のダイエットスイッチをONにしよう

ヨガをする女性ダイエットをするときには、食事と合わせて運動を取り入れていくことが大切です。体の内側と外側の両面からアプローチすることにより代謝が上がります。

特に朝の運動は、理想の身体美へと近づける有効な手段でのです。

それでは、運動時の体への反応を見てみましょう。

  • 体温が上がる
  • 血流が良くなる
  • 心拍数が上昇するなど

この反応は、運動と同時にピタッと止まってしまうものではありません!

これはエポックと呼ばれ、運動の内容によっては24時間以上、その生体反応が持続し、消費カロリーをどんどん増やします。

“冬でも運動後にしばらくは薄着でいられる”というのもこの反応なのです。

つまり、エポックを最大限に活かすには、起きている時間帯の前半に運動をすることです。

ですから、午前中の運動は代謝を上げ、一日のダイエットスイッチをONにしてくれるゴールデンタイムといえますね。

背骨のS字カーブが代謝を上げる!

背筋の曲がり方比較

人間と他の生物の大きな違いはなんでしょうか?

それは、進化の過程で手に入れた二足歩行です。これにより背骨にはS字のカーブ ができました。

しかし、このS字カーブは、小学生の子供たちでさえも崩れている場合が多く、大人においてはきれいなS字カーブを保っている人はかなり少ないといえます。

猫背・反り腰はまさに機能低下の表れです。

内臓に負担をかける姿勢の崩れは代謝アップの大敵です。

  • 美子
    美子

    えっ!姿勢と代謝どんな関係があるの?

  • 説子
    説子

    基礎代謝の内訳では筋肉より内臓の占める割合ははるかに高いんだよ。その内臓を圧迫して働きを阻害するなんて代謝アップの敵だよね!

意識してほしい美姿勢のポイント

次の5点が一直線上に並ぶように意識して立ってみましょう!

  • 足の外のコリコリ(くるぶし)
  • 膝の外側のコリコリ
  • 股関節の横にある出っ張ったコリコリ(大転子)
  • 肩の外側のコリコリ(肩峰)
  • 耳(耳垂)

背筋の伸ばし方
あごは軽く上がり、頭は少し遠くを見られる位置にあるのが本来の位置です。

そこで、天井からつむじを糸で引っ張られるような意識でスッと立ってみましょう。

起きている時間この姿勢を意識すると骨格筋が使われ始めます。

本来あるべき位置で、本来の機能を取り戻していくことは、関節の可動域を広げ、動員する筋肉の数を増やし代謝を上げます。

美姿勢キープで代謝が上がる

体幹部に力が入る
代謝が上がる
美しいボディラインへ

自律神経のバランスを整えて代謝をあげる!

汗を各女性の首元自律神経ってどんな働きをしているのかを簡単に説明しますね。

自律神経とは自分の意思とは関係なく体の機能をコントロールしている神経をさし、人間のホメオスタシスの維持に貢献するものです。

要するに健康を保つコントロールシステム といえます。もちろん代謝にも大きくかかわる部分で、代謝が正常に行われることもホメオスタシスの維持となります。

代謝と自律神経について理解しましたか?

ここで一つ、ホットヨガスタジオでよく目にする“代謝が上がる”は、本当なのか一緒に考えてみましょう。

体を温め、血流が良くなるといった意味では正解です。

しかし、汗は、体温調整のために自律神経がコントロールしています。

熱い部屋にいるだけで熱を放散しようと、汗が出ます。そこに運動を組み合わせるのですから、無理やり発汗させ、交感神経優位の戦うスイッチを入れ続けている状態です。体としては悲鳴を上げているとも考えられます。

代謝と自律神経を理解して初めて、体に良い効果を及ぼすことができるのです。

  • 美子
    美子

    汗をかくと体重も減るしダイエットにいいんじゃないの?

  • 説子
    説子

    代謝という部分では良いけど、体重が減るのは水分が抜けているだけで、一時的なものだということは忘れないでね!

ダイエットには、自律神経のバランスを整えるいうことが、とても重要になってきます。また、ビューティーポイントアップにも欠かせない大事な部分になるのでよく理解してくださいね。

自律神経の働き

自律神経のバランスといっても説明がないと難しいですよね?

実は、二つの神経が一日のうちで交互に入れ替わるようにしてバランスを保っているので詳しく説明します。

交感神経

緊張モード(活動時)に優位になり、朝から夕方にかけて優位に働きます。この時間帯を活動的に過ごすことで、副交感神経との入れ替わりがスムーズになります。

副交感神経

リラックス時(非活動時)に優位になり、夕方から夜間にかけて優位に働きます。夜間は骨格筋への血流量を減らし内臓へ血流を回します。

基礎代謝の内訳としては、内臓は骨格筋よりもはるかに大きな割合を占め、内臓への血流促進は代謝アップのキーとなります。

【事実】私たち恒温動物は寒い中で、体温を保とうとするほうがエネルギーを消費します。

代謝を上げるために必要なこと

ここまでお伝えしてきましたが、あらためて、『楽して痩せるための代謝UPのポイント』をおさらいします。

  • 朝の運動を習慣化する
  • 体幹部をしっかり使って美姿勢をキープする
  • 自律神経のバランスに沿った生活を心掛ける

どうでしょうか?

むずかしいことから始めるのではなく、まずは、この3つを騙されたと思って試してみてください♪

人間としての”あたりまえ”の生活を意識して送ることが自律神経を整えるコツとなります。

自律神経が整うことで、代謝が上がり痩せやすい体を手に入れることができますよ!

【効果絶大!】代謝を上げるおすすめの運動ベスト3!

理想をカタチにするダイエットサイト