【効果絶大!】代謝を上げるおすすめの運動ベスト3!

バランスボールを使ってエクササイズする女性
鏡の前で立った時に、「あれ?ちょっとお肉ついてきたかなぁ」と思うことってありませんか?

そして、体重を落としたいからと、継続の難しい行動に出てしまう。。。

  • 激しく筋トレ。筋肉痛で断念。
  • 食べる量を減らして便秘になる。
  • サウナスーツを着て走しり出す。

実は、私もそんなダイエットあるあるを実践した一人です(笑)

でも、これでは、肝心の“代謝を上げる”ことは難しいのです。(本当はもっと簡単に、代謝をあげで痩せられるのに。。。)

 

そこで、今回は、

  • 運動が続かないんだけど…
  • 痩せるにはどんな運動を始めたら?

というそんなあなたに、私が実際に効果のあった運動のベスト3を理由と共にお伝えしていきますね。

代謝の基礎から知りたい人はこちらの記事もオススメです。

代謝を上げて痩せ体質になろう!見落としがちな代謝の秘密

ウォーキングは運動初心者に最適!

ウォーキングする外国人女性ダイエットでおすすめしたい『運動の鍵』となるものは何だと思いますか?

それは、継続できる』ことす。

ウォーキングは運動初心者が最も取り入れやすく、かつ継続しやすい運動となります。

いきなり走り出すのって実はかなりハードルが高く、三日坊主になりやすいんですよね。さらに故障にもつながりやすいというデメリットもあります。

あなどれないウォーキング効果!

 ウォーキングはポイントを抑えることで骨格筋の約80%を使う全身運動なのです。

しっかりと歩けば、体全体がほぐれ、呼吸がスムーズになることで血流も良くなります。

また、ウォーキングはねじりの動作の連続です。ポイントを押さえて歩くことで、自然とインナーマッスルが使われます。

これにより、お腹周りも引きしまり、さらに代謝があがります!

では、そのポイントを見てみましょう。

全身運動となる歩き方の5つのポイント!

  • 脊柱のS字カーブ(特に腰椎の前弯)を保った歩き方を意識すること。
  • 目線が大切。自分の中の中心軸を意識すること
  • 左右均等に腕を振り歩くこと。
  • 心地の良いリズムで歩くこと。(100BPMくらい)
  • しっかりとかかと着地から足指まで使い重心を移動させること。

100BPMくらいのはやさとは、アンパンマンマーチくらいのテンポですよ。

BPMとは

テンポの単位です。1分間の拍数をさします。
100BPMであれば、1分間に100拍のテンポのリズムという意味です。

ダイエットウォーキングにアレンジしてみよう!

5つのポイントを抑えつつ、慣れてきたらすこしテンポを上げてみたり、歩幅を大きくしてみたりすることでダイエットにも効果的な歩き方ができます。

まずは難しく考えすぎないで、リズムよく心地よく歩くことから始めてみてください。

冬は代謝を上げて痩せやすいシーズンとなります。さあ、歩きましょ♪

自分で体を整えるルーシーダットンは女性の味方!

ルーシーダットンのガーミーン風にしなる木をまねる仙人のポーズをする女性ルーシーダットンというエクササイズをご存知でしょうか。あまり聞きなれないというかたもいるかもしれませんね。

ルーシーダットンとは、タイの三大伝統医療の一つです。また、その起源は、仙人の自己整体術であるとされています。

その特徴は呼吸法にあります。

ルーシーダットンの呼吸法で美人づくり

ルーシーダットンの呼吸法は、鼻からゆっくり息を吸いながらポーズをとっていき、ピークで呼吸をキープし口から息を吐きながら体をリラックスさせポーズを緩めるという手順で行われます。

ヨガやストレッチとは逆の呼吸法となります。

赤ちゃんの頃から行っている“伸び”と同じ呼吸法で、人間の体に最も原点的なものであることがわかります。

  • 美子
    美子

    体が硬いのですが、私にもできますか?

  • プログラムディレクター
    プログラムディレクター

    はい、大丈夫ですよ。ポーズ自体が簡単な動作となり、性別、年齢問わず誰でも楽しめるものとなります。安全に柔軟性が身につきますよ。

この呼吸法によりストレッチによる伸びすぎを防ぎながら、安全に柔軟性が増していきます。

実際に私自身もルーシーダットンを始めてから、ヨガのポーズが深まっていいたことに驚きました。

自律神経に唯一アプローチできるのが呼吸!

そしてこの呼吸法には、自律神経にアプローチしながら血流と代謝を上げる秘密があります。

下の表で見てみましょう。

交感神経 副交感神経
呼吸 吸気(きゅうき)時 呼気(こき)時
血管 収縮(しゅうしゅく)し血圧が上がる 弛緩(しかん)し血圧が下がる
脳・神経 興奮する 鎮まる

表からもわかるように、まず深く息を吸い込むことで血管が収縮、更にポーズで動かす部分の血管、リンパ管などに外圧と内圧がかかります。

次に吐いてポーズを緩めると圧迫されていた血管、リンパ管が解放され一気に流れるという仕組みです。
手のサーモグラフィ画像要するに足で踏んでいたホースを一気にはなして、勢いよく水が飛び出すように血流を上げていくのです。

血流が上がると、それに乗って運ばれるホルモンや栄養素、酸素などもしっかり働き、また老廃物も運ばれ排出されるという好循環が生まれます♡
ほほに手を当ててお肌が美しい女性女性にとってビューティーポイントのアップに欠かせない“血流アップ”がこのエクササイズの最大の特徴なんですよ。

実際にお試しになると、1ポーズから3ポーズで手の指先にまでしっかり血液が流れているのが見てわかります。

ぜひ体験の価値ありです♪

実際に体験できるstudioはこちらからご確認くださいませ。

>>銀座セルフケアスタジオルーシーダットン

また、動画はこちらからご覧いただけます。

場所なし・暇なし・器具なしでもできちゃう自重トレーニング

ランジを行う女性自重トレーニングというのは、字のごとく自分の重さを活かしたトレーニングとなります。

なぜ器具を使ったものより、自重トレーニングがおすすめなのかいくつか理由を上げてみますね。

  • ジムなどに通う時間が必要ない
  • お金がかからない
  • 自分のペースで負荷が変えられる
  • 日常の動作とリンクしているものが多く感覚をつかみやすい

つまり、いつでもどこでも気軽に始められ、継続しやすいのです。

体を動かすということは、血管の収縮(しゅうしゅく)、弛緩(しかん)を繰り返し血行を促し、浮腫み、コリの改善にもつながります。

さらに、しっかりと筋肉を使うことにより成長ホルモンの分泌が促され美しい素肌つくりにもつながります。

今や注目されている女優さんたちに“筋トレ女子”が増えているのは、当然こういった効果にもお気づきだからですね!

私がおすすめする運動の共通点

代謝を上げるおすすめ運動を、お勧めする理由と共にお伝えしてきました。

それぞれの共通点は次の二つです。

  • 血流を上げる
  • 継続しやすい

自分がどの運動なら継続できるかな、と考えまずは一歩を踏み出してみてくださいね。

次回は、代謝を上げる飲み物や食べ物についてご紹介いたします。  

理想をカタチにするダイエットサイト