ダイエットの基礎知識

メタボリックシンドロームとは一体なんですか?

メタボリックシンドローム

年齢が上がるのにつれて気になるのが、メタボリックシンドロームだと思います。気にはなっても、どういうものなのかしっかりとしっているとい方は意外に少ないのではないでしょうか?

メタボリックシンドロームとは内蔵肥満に、高血圧、高血糖、脂質代謝異常が組み合わさり、命に関わる重大な病の心臓病、脳卒中など「動脈硬化性疾患」をまねきやすい状態になっていることを指します。

メタボリックシンドロームと判断するのに多くの方が知っていると思われるウエストのサイズがありますが、これはメタボリックシンドロームの判断基準の1つでしかありません。

ですので、ウエストサイズだけが基準をオーバーしていても、メタボリックシンドロームと判断されない方も多くいます。???ってなってしまいますよね。

では、メタボリックシンドロームの判断基準はどうなっているのか続けて紹介します。

メタボリックシンドロームの判断基準

必須項目  内臓脂肪蓄積

ウエスト周囲径

男性 ≥ 85cm

女性 ≥ 90cm

 選択項目

3項目中
2項目以上

 高トリグリセリド血症

かつ/または

HDLコレステロール血症

≥ 150mg/dL

< 40mg/dL

 収縮期(最大)血圧

かつ/または

拡張期(最小)血圧

≥ 130mmHg

≥ 85mmHg

 空腹時高血糖  ≥ 110mg/dL

上の表の通り必須項目としてウエストサイズ、更に3項目の選択項目のうち2項目以上が範囲外となる場合に、メタボリックシンドロームと診断されます。

よく知られているウエストサイズだけのオーバーであればメタボリックシンドローム予備軍にはあたりますが、ウエストサイズだけでメタボリックシンドロームと診断されるわけではありません。

ここで気になるのが選択項目の判断基準の数字は同じであるのに、男性と女性の5cmの基準値の差は何故あるのでしょうか?

何故男性が85cm、女性が90cmと差があるの?

まず基準としてウエストを計るのは、「内臓脂肪面積が100cm2未満」に収まっているのかどうかを知るために計っています。

本来正確に内蔵脂肪面積を計るにはCT検査を行う必用がありますが、気軽に検査が行えるものではありませんよね。そのため、スクリーニング検査として、ウエストサイズを計ることが基準とされています。

※スクリーニング検査とは選別,ふるい分けするための検査のこと

5cmの差は、男性と女性の性別による体の作りの違いが関係していました。また、なぜ内臓脂肪面積が100cm2が基準になるかというと、高血糖、脂質異常、高血圧の合併率が高くなるのがその理由です。

続いてメタボリックシンドロームの危険性について紹介します。

メタボリックシンドロームの危険性

メタボリックシンドロームの一番の危険性は「手遅れな状態になるまで症状がほぼでない」というのがあげられます。

テレビの健康番組で例でよくあげられる、「自覚症状のないまま病状が進行していた」という感じです。自覚症状がなければ病院を自ら受診するという方は少ないですよね。

手遅れになったということがないように年に1回は健康診断の受診、今現在ウエストサイズが基準値をオーバー、ギリギリという方は、少しだけ今と変わる努力をしてはどうでしょうか?

これからも日々楽しむために、健康を害する原因のメタボリックシンドロームとは無縁な生活を送りたいものですね。

理想をカタチにするダイエットサイト