ダイエットの基礎知識

肥満とBMIの関係性

BMI

ダイエットに興味がある方以外にも、体格指数として健康診断などで目にする機会の多いBMI(Body Mass Index)

体の作りの違いもあり国によって判断の数値は微妙にことなりますが、国際的に肥満度を表す指数として使われています。計算方法もとてもシンプルで、体重(kg)÷(身長(m)x身長(m))で割って求められます。

今は多くの体重計で身長他基本情報を登録するとBMIは当然のように表示されますので、特に意識しなくても確認することができます。

日本肥満学会ではBMIが22が標準体重、25以上が肥満、18.5以下の場合、低体重と判断しています。

状態 指標
低体重(痩せ型) 18.5未満
普通体重 18.5以上、25未満
肥満(1度) 25以上、30未満
肥満(2度) 30以上、35未満
肥満(3度) 35以上、40未満
肥満(4度) 40以上

ただし、BMIは身長と体重だけによる指数ですので、特に肥満(1度)の方であれば実際には肥満ではない方も多くいます。それは運動量が多く、筋肉量が多い方達です。

BMIが肥満であっても実際は肥満ではない方もいるように、BMIは標準範囲内であっても実際は肥満である方も多くいます。俗に言う「隠れ肥満」です。

実は肥満ではない、逆に隠れ肥満であるというのがなぜおこってしまうかというと、筋肉量の差が大きく関係しています。筋肉量の差は「体脂肪率」となって現れるからです。

体脂肪については別途紹介しますが、BMIだけではなく体脂肪のバランスも含めてみないと、特にギリギリのラインの方は肥満なのか、肥満ではないのかの判断が変わることになります。

であればBMIは気にしなくてもいいのかというとそうではなく、確定判断とはならないだけでほとんどの場合はBMIで肥満度を計る指数となっています。

ですのであなたの身長に対する体重のバランスは、是非気にするようにしてみてくださいね。

理想をカタチにするダイエットサイト