体脂肪は肥満の原因だから、少ない方がいいの?

体脂肪は少なければ少ない方がいい?

ダイエットを行う人にとって減らすことが目的となりますので、天敵と言える体脂肪…。その体脂肪は大きく皮下脂肪と、内蔵脂肪に分けることができます。

皮下脂肪に内蔵脂肪。耳が痛い言葉という方も多いのではないでしょうか? なるべく無くしたいという心情もわかりますが、それぞれに役割というものもありますので、少し紹介したいと思います。

皮下脂肪

その名前の通り、皮膚の真下にある脂肪で、全身につく脂肪のことをいいます。ただ皮膚の真下に付くだけでなく役割としても機能していて、外部の衝撃からの保護、体温保持、長期間の飢餓状態に備えたエネルギーの蓄積というのが主な役割です。

男性よりも女性に付きやすい脂肪で疾病(しっぺい)のリスクは低いのですが、減らすのが少し大変な脂肪です。女性の肥満に洋ナシ型の方が多くなるのは、皮下脂肪が付きやすいのが主な原因といえます。

内蔵脂肪

主に腹部の腸間膜(ちょうかんまく)周囲に付着する脂肪のことをいいます。ぽっこりお腹の原因といえる脂肪になりますが、臓器を支えて定位置に固定する役割、短期間の飢餓状態に備えたエネルギーの蓄積が主な役割です。

女性よりも男性に付きやすい脂肪で過剰な状態になると、生活習慣病の疾病リスクがとても高くなります。内蔵脂肪は比較的減らしやすい脂肪ですので、過剰になっている場合は生活習慣、活動量を増やしてみてください。

男性の肥満にリンゴ型が多くなるのは、内蔵脂肪が付きやすいのが主な原因といえます。

体脂肪の役割

最近の研究ではホルモンの内分泌器官の役割を、体脂肪が担っていることが分かっています。

このように皮下脂肪、内蔵脂肪どちらの体脂肪もそれぞれ必用な役割がありますので、体脂肪は肥満の原因だから少なければ少ないほどいいというわけではありませんでした。

かといって体脂肪が過度に多い状態は肥満ということになりますので、体脂肪の重要性も理解しつつも適量な量に抑えた状態にするのが必用です。体脂肪は少なすぎ、多すぎどちらがいいのではなく、大切なのはバランスでした。

理想をカタチにするダイエットサイト