ダイエット中は野菜だけ食べていれば大丈夫?!

野菜だけを食べているから、多分大丈夫!

ダイエット中は野菜中心に食べるように努力している人も多いと思います。そのこと自体はとても大切なことなのですが、もし野菜だけしか食べていない状態を続けている場合は接収するべき栄養素が完全に不足した状態になっていますので、注意が必用です。

6つの基礎食品群

三大栄養素、五大栄養素、六大栄養素という摂取すべき栄養素がありますが、それらを含まれる6つの基礎食品群というものがあります。6つ食品群は以下の通りです。

【1群】
魚、肉、卵、大豆、大豆を使った製品
主にタンパク質、ビタミンB群、脂肪、ミネラルなど

【2群】
牛乳、乳製品、海藻、魚
主にミネラル(カルシウム)、ビタミンB群、ヨウ素、タンパク質など

【3群】
緑黄色野菜、果物
主にカロチン、ビタミンC、ミネラルなど

【4群】
淡色野菜、その他野菜、果物
主にビタミンC、ミネラルなど

【5群】
穀類、いも、砂糖
主に炭水化物、ビタミンB1など

【6群】
油脂類脂肪の多い食品
主に脂肪ほか、ビタミンA、ビタミンDなど

野菜中心な食事であれば問題ないのですが、野菜だけにする方の傾向として同じ野菜でも5群は炭水化物で避けてしまいがちですので、3群、4群に偏ってしまうことになります。

食品群が一部に偏ってしまうということは、摂取すべき栄養素が取れないということになりますので、ダイエット中は野菜だけ食べていれば大丈夫というのは全く正しくありません。

栄養素、基礎食品群はバランス良く

偏った食事よりもバランス良く食べるというのは大変なことですが、バランス良く食べることは太りづらく健康的な体を作りやすい環境に近づきます。ダイエット中だからこそ野菜だけを食べるなど偏った食事をとるのではなく、栄養素、食品群のバランスを考えてみるようにすることが、ダイエット成功に近づきますよ。

理想をカタチにするダイエットサイト