1日の不足したエネルギーは体脂肪でまかなうから痩せるであってる?

体脂肪を燃やせ!

今回はダイエットをして、痩せていく仕組みについてです。

普段わたしたちは生活をしていて飲食による摂取カロリーと、消費カロリーが完全にイコールという方はまずいません。今日は摂取カロリーが消費カロリーよりも多かった、逆に摂取カロリーが消費カロリーよりも少なかったなんていうことは日常茶飯事な出来事です。

毎日摂取カロリー、消費カロリーがことなるといっても1週間、1ヶ月などのある程度の期間でバランスがとれていれば、あまり体重の変化として現れることはありません。

逆にある程度のバランスが取れない状態が続くようになり摂取カロリーが多い状態が続くと脂肪として体に蓄積されて太っていく、消費カロリーが多い状態が続くと筋肉、体脂肪からエネルギーをまかなうため痩せていくということが起こります。

摂取カロリーが多い場合は体脂肪が増えていくという少し単純なものでもありますが、消費カロリーの方が多い場合は体脂肪だけでなく筋肉からもエネルギーを消費することになるという違いがあります。

不足したエネルギーをまかなうためにで体脂肪だけが減るのであればいいのですが、筋肉を減らすというのは基礎代謝が落ちて痩せづらい体を作る原因となります。ですので単純に摂取カロリーを減らすというのはオススメできる方法ではないと同時に、1日の不足したエネルギーは体脂肪だけからまかなわれるわけではありません。

ダイエット中は消費カロリーを摂取カロリーよりも多くするだけでなく、筋肉量も落とさないようにするというのがとても重要になります。

カロリーコントロールは少しずつ

筋肉量を落とさないようにするのと同時に、過度なカロリー制限をしないようにカロリーコントロールすることもとても大切です。その理由は基礎代謝を下回るようなカロリー制限をしてしまうと飢餓状態だと体が本能的に動いて、基礎代謝が落ちることになります。

基礎代謝が落ちることは痩せづらくなりますので、どんなにカロリー制限をしても基礎代謝を下回らない摂取カロリーは取るようにしてくださいね。飢餓状態になるのは現時点で太っている、痩せている関係なく起こります。

食事制限をしてとてもツラい思いをしているのに痩せづらいとあまりいいことは起こりませんので、食事制限はほどほどにするようにしてください。

摂取カロリー過多の場合は体脂肪として体に蓄積していきます。体型変化が起きているというのは痩せる、太るどちらの場合も摂取カロリー、消費カロリーのバランスが変わっているということですので、最近体型が変わったなんて自覚している方はバランスについて考える時間を作ってみるのをオススメします。

理想をカタチにするダイエットサイト