呼吸に痩せる「秘密」があるというのは本当?!

普段わたし達が無意識のうちに行っている「呼吸。」

意識をしていないからダイエットには関係ないのかといえばそうではなく、ダイエットの成功のための大きな秘密が隠されています。

特にヨーガ(ヨガ)、気功などで行われるゆっくりかつ深い呼吸法は、ちょっとしたスポーツにも負けない健康的効果も期待できます。芸能人でスリムな美木良介さんのロングブレスダイエットなど、たびたびダイエット方法として話題になりますから、呼吸法のダイエットを試したことがあるという方も多くいるのでないでしょうか?

呼吸法のダイエットはいつでもどこでもしたいと思った時にできること、何か道具だったりを購入しなければいけないなど費用がかかることもないため、何をしていいかわからないけれどとりあえずダイエットをしてみたい方や、お金に制限がかかりやすい学生の方にもオススメしたいダイエット方法です。

呼吸方がダイエットに効果があるといわれてもどんな理由があっての効果か不明だと思いますので、いくつか呼吸方による効果を紹介したいと思います。

呼吸法による効果はこんなものが

深い呼吸
深い呼吸は交感神経と副交感神経を交互に刺激して、全身の血行と代謝を高めます。

血行と代謝を高めることは、ダイエットをしやすい体にします。

換気率
呼吸を意識することにより換気率が高まることから血液に乗って新鮮な酸素が全身の隅々まで行き渡りやすくなります。

その結果、エネルギー代謝を上げたり、老廃物を流す、指先など末端の温度をあげて冷え性を改善などの効果が期待でき、ダイエットをしやすい体になります。

筋肉運動
呼吸は胸部と腹部を使う筋肉運動です。特に腹部では深い位置にある筋肉が使用されることで周辺の温度をあげることで内蔵脂肪が分解されやすい状況になります。

内蔵脂肪を分解されやい状況 = ダイエットが進む体になります。

呼吸筋に腹筋
筋肉運動にプラスされることですが、加齢運動不足によって呼吸筋や腹筋が衰えると、内蔵下垂が起こり下腹がぽっこりする原因に。

呼吸筋や腹筋が衰えるのを予防、改善することにより、体型を崩さないダイエットを進められます。

自律神経
呼吸は自律神経に働きかけのできる唯一の身体運動です。

自律神経については別途詳しく説明したいと思いますが、精神を安定させることはダイエットにとって必用不可欠なものです。

どんな呼吸法をすればいいの?

ダイエットのためにどんな呼吸法をすればいいの?と気になってきた方もいるのではないでしょうか?

ヨーガ(ヨガ)、気功などを習える方はいいけど、ぼくはわたしは習えないわなんて方も呼吸法によるダイエットはカンタンにできますので大丈夫です。

あぐらをかいて背筋を伸ばし、胸とお腹全体を使ってしっかりと息を吸って吐く。これをリラックスして行うことでも効果が期待できます。

呼吸に痩せる「秘密」があるというのは本当です。ダイエットのために普段意識していない呼吸を、ふと時間がある時に意識してみませんか?

理想をカタチにするダイエットサイト