特に若いうちは食事制限による無理なダイエットをしてはダメ!その理由!

無理な食事制限はやってはダメ!

ダイエットを気にする年齢が年々低年齢化しています。早い子になると、小学校低学年の頃にダイエットを意識する子もいるとか…。

肥満で健康のためにダイエットを堅実的にしなければであれば問題はないのですが、若い成長期においての過激過ぎる無理なダイエットはするべきではありません。

若いうちから美意識が高いことは素晴らしいことなのですが、過激過ぎる無理なダイエットでの若年期の長期の栄養不足は老年期に致命的な病気の原因になってしまいます。

痩せてキレイになりたい、カッコよくなりたいの努力をその時だけでなく、年齢を重ねてからも影響となって現れることになりますので、若い成長期のダイエットは堅実なものを選ぶことが最重要課題です。

ではなぜ若い成長期のころに特に無理なダイエットをしてはいけないのでしょうか?

年を重ねてからの骨粗相症

若い成長期は成長期の名の通り、大人の体になっていく成長期の過程の状態です。体の軸となる骨の代謝も活発で、健康的な骨を形成していきます。

ですがこの時期に骨の形成に過激な食事制限をしてしまうと、カルシウム、マグネシウム、ビタミンDなど骨の形成に必用な栄養素が不足し、適正な骨形成ができずにもろい骨格のまま成長が止まってしまいます。

そのまま年齢だけを重ねて中高年になると骨が弱い状態であるのはもちろんのこと、骨の密度が荒く骨折しやすくなる「骨粗相症」に悩まされることになります。

若い成長期の過激な食事制限は時限爆弾のように体に刻まれることになりますので、ダイエットをすることがダメというわけではありませんが、選択するダイエット方法がとても重要になります。

また、骨粗相症の原因になるだけでなく、他にも次のような無理なダイエットの弊害がおこる原因となってしまいます。

無理なダイエットの弊害

その他の弊害は以下のようなものです。

1.体の免疫機能が低下し、感染症や肌荒れの原因に

2.筋肉の萎縮(いしゅく)、水分低下による皮膚のたるみやシワ、しみの原因に

3.栄養不良から皮膚細胞の修復や増殖ができない原因に

4.ビタミンB1が不足することから精神的に不安定になる原因に

せっかくダイエットしてキレイになりたい、カッコよくなりたいと思っているのに、中高年になってからの時限爆弾をかかえるだけでなく、少し頑張り過ぎて無理をしてしまうことは現段階でも肌荒れに、シワ、シミ、肌の不具合の継続、精神的に不安定な状態を作り出してしまうことになります。

ダイエットをするなとかしない方がいいではなく、若い成長期のうちは特に過激な食事制限のダイエットに関してはオススメできません。

若い成長期だからこそ体に不具合のでない、堅実的なダイエットをしてくださいね。若い成長期の頃は方法さえ間違えなければ大人になってからよりも、痩せることは容易に可能です。

理想をカタチにするダイエットサイト