メニュー

HMBアルティメイトはプロテインと併用してこそ効果を発揮!初心者はこれを飲め!

HMBアルティメイトを購入したけいまいち効果を感じていない。
なかなか筋肉がついてくれない。

とダイエットや筋トレを諦めてしまっている人はいませんか?

もしかしたら、それはタンパク質不足が原因かもしれません!!

体に必要な3大栄養素でもあるタンパク質はダイエットや筋トレにおいて重要な役割をはたしています。

ここでは、HMBアルティメイトとプロテインの違いを正しく理解して、上手に取り入れることでダイエットや筋肉増量の効果はさらにアップするという事をお伝えしていきます。

HMBとプロテインの違い

プロテイン
まずはじめにHMBアルティメイトの主成分HMBとプロテインの違いを知っていただきます。それぞれの得意とするメリットデメリットをご紹介していきます。

プロテインってどんなもの?

プロテインはタンパク質の英語表記で体にとって必要な3大栄養素の一つです。「体がムキムキになるのは嫌だ!」「太りそう!」と敬遠するのはそろそろやめにしましょう。

プロテインの効果

「プロテインは運動する人が飲むもの」と思われがちですが、体に必要だが、不足しがちな栄養素なので全ての人に正しく摂取して欲しいものです。

効果を見たら驚く方もいるかもしれません、プロテインの効果は以下のようなものがあります。

プロテインはこんなに素晴らしい効果を発揮します

美容効果

内蔵、肌や髪、爪に至るまでタンパク質でできておりタンパク質摂取が健康で若々しい体を保ちます。

ダイエット効果

タンパク質のカロリーは食べた瞬間30%が消費されます。代謝を上げて効率よくエネルギーを消費することができます。

筋力アップ

疲労をおさえ、回復も早めます。引き締まったボディーラインは筋肉があってこそ魅力を発揮します。

プロテインのメリット

プロテインは栄養の吸収スピードが食べ物を直接摂取するよりも早くに摂れます。そのため、筋トレ後などに素早く筋肉を合成させるには最適です。

また、食事と違って水で溶かすだけや、サプリタイプもありタンパク質の摂取も1日に必要な量の計算も容易にできるというメリットがあります。

タンパク質摂取量の計算式
運動しない人:体重×1g(体重60kgの人の場合は60g)
運動をする人:体重×2g以上(体重60kgの人の場合は120g)

HMBってどんなもの?

HMBの正式な名称は3-ヒドロキシイソ吉草酸といいます。必須アミノ酸であるロイシンが体内で代謝される際に生成されるのがHMBという物質になります。

HMBの効果

HMBは、筋肉の修復を促進し、さらに筋肉の減少を抑えてくれる働きがあります。HMBを摂取し筋トレすることで素早く効率的に筋肉を鍛えることができます。

HMBは筋トレ初心者でも簡単に効果を得られます

筋肉増強効果
筋肉修復促進効果
筋肉減少抑制効果
加齢による筋肉減少の予防
脂肪量の減少

HMBのメリット

HMBはプロテインに含まれる「ロイシン」というアミノ酸から生成されます。HMBサプリでダイレクトにHMB成分を摂取するほうが、プロテインからアミノ酸を摂取するよりも分解工程が少なくHMB成分を早く吸収できます。

その為、筋トレなどの運動後にプロテインより早く筋肉に良い成分を届けることができます。また、プロテインと違いシェイカーなどを持ち運ぶ必要がないこともメリットになります。

HMBの生成過程
タンパク質(プロテイン)→ペプチド→アミノ酸→ロイシン→HMB

HMBとプロテインどちらも重要

色々ご紹介してきましたが、HMBとプロテインの特徴を簡単に説明すると。。。

HMB=筋肉を作る司令官
プロテイン=筋肉になる材料

HMBだけを摂取しても筋肉になる材料が少なければその効果を発揮しませんし、逆にプロテインだけとっても司令官の数が少ないと効果を発揮することが難しくなります。

このことから、HMBとプロテインがお互いに相乗効果を高めることがご理解いただけたと思います。

HMBもプロテインもベースはタンパク質を補う為にあるということが解り、タンパク質は体に重要ということが伝わったと思います。

なぜプロテインでタンパク質を摂取するの?

なぜプロテイン?
ここまで読まれた皆さんは、プロテインが運動するだけのものではないという事を理解していただけたと思います。ではなぜ、タンパク質を食事からではなく、プロテインで摂る方が良いのかという事を説明していきます。

プロテインを摂るべき理由

先ほどの復習になりますが、タンパク質の1日の摂取量は体重1kgあたりに1g必要で、体重60kgの人なら60gとなります。運動する人や筋肉を付けたい人は体重1kgあたり2g以上摂りたいものです。

これを食事で摂取しようとすると、卵だと15個以上。ステーキだと600g以上となり、食事量やカロリーなどを考えると、とても現実的ではありません。

食品 100gあたりのタンパク質含有量 100gあたりのカロリー 120gのタンパク質を摂取しようとしたら
鶏ささ身 23g 114kcal 521g
牛サーロイン 17.4g 298kcal 689g
紅鮭 22.5g 138kcal 533g
木綿豆腐 6.6g 72kcal 1818g
牛乳 3.3g 62kcal 3636g
たまご 12.3g 151kcal 1000g

プロテインについてより詳しく知りたい方はこちらの記事を確認ください。

私はHMBとプロテインを使いました

私は、HMBアルティメイトを使って1ヶ月でウエストが6.1cmダウンしました。2週間目あたりからプロテインも同時に摂取し筋肉も徐々についてきています。詳しいレビューについては他の記事で書いていますのでよかったらそちらもご覧ください。

私は、HMBアルティメイトとHMBプロテイン18000を使って体を絞ることができた事を嬉しく思っています!

ここでは軽く写真で効果の具合が伝わればと思います。
HMBアルティメイト

>>関連記事:3ヶ月HMBアルティメイトを試して効果レビューの記事はこちら

私はHMBプロテイン18000を使っています!

HMBプロテイン18000
子供を抱くように抱えたHMBプロテイン18000。内容量はプロテインにしてはそんなに多くはない600gですが、HMBとプロテインが一緒に摂れる優れものです。2週間でHMBを崇拝してしまった私は、より多くHMBを摂取し効果を倍増させようと最初からHMBが含まれているこのHMBプロテイン18000を購入し飲んでいます。

初めてのプロテインでしたが、16種類のフルーツパウダー配合でスッキリ飲みやすくフルーティーなスポーツドリンクを飲む感覚で毎日飲んでいます。牛乳で割るとフルーチェを思わせるような味になりとても美味しく飲め、甘いものを控えがちなダイエット中にはもってこいのプロテインです。

HMBとプロテインの飲み方に注意は必要?

プロテイン飲むタイミング
ここでは、HMBアルティメイトとプロテインを飲むにあたって注意することや効果的に飲む方法をお伝えします。

飲むタイミング

私の場合は、朝と夜の2回でHMBアルティメイトを2錠づつ計4錠とプロテインを1杯ずつ計2杯を毎日飲むようにしています。

朝は夜の食事から長い時間摂取できていないタンパク質を補う為に、起きてすぐにHMBを飲みます。なぜかというと、筋肉の分解を少しでも抑えたいという理由からです。

私の場合、夜寝る前にトレーニングを行うので筋肉を大きくしたいという意味と、寝ている間に筋肉を作って欲しいという理由で夜にHMBアルティメイトとHMBプロテイン18000を飲みます。

ちなみに夜は、トレーニング前にHMBアルティメイトを飲み、トレーニング後にHMBプロテイン18000を飲みます。

私の飲むタイミング

1日の摂取量を朝と夜の2回に分ける
朝は不足したアミノ酸を補う為に起きたらすぐに飲む
夜は筋トレ前にHMBを摂取。筋トレ後にプロテインを摂取

HMBを飲むタイミングについてはこちらの記事でより詳しく書いていますので興味がある方はご覧ください。

筋トレ初心者には同時摂取を特におすすめします!

HMBアルティメイト筋トレ初心者
なぜ筋トレ初心者にHMBアルティメイトがオススメなのか!?という事を説明いたします。

ダイエットに有効で、筋トレする人が摂取した方が良い成分は以下のどれになるでしょうか?

HMB
プロテイン
BCAA
グルタミン
バイオペリン
リジン

さて、どれが有効でしょうか?

正解は、

これらすべてがダイエットや筋トレにとって有効な成分です。どうでしょうか?すぐに正解がわかりましたか?

そしてこれらは、HMBアルティメイトとHMBプロテイン18000にはすべて含まれています!筋トレをしても食事で必要な栄養素を取れていなければ十分な効果を得ることはできません。

簡単に筋肉に重要な成分を摂取することができるHMBアルティメイトとHMBプロテイン18000の同時利用をお勧めいたします。

効果の出ていない人はいるの?

効果の出ない人
HMBの成分もプロテインも体にとって重要と知り、「私も早く飲みたい!」と考えている人もそろそろ出てきているのではないでしょうか?笑

しかし、効果を得られない人がいるのも事実です。これから紹介する事例を守れない人はHMBもプロテインもオススメしませんので注意してください!

HMBとプロテインを飲めば筋肉がつくと思っている人

「え!? HMBやプロテインを飲めば筋肉つくんじゃないの??」半分正解ですが、運動(筋トレ)をしないと筋肉はつきません!そんな魔法のような薬はありません笑

ただ、「普段から肉体労働で強い負荷が筋肉にかかる。」「それなりに運動はしているよ。」という人はタンパク質が不足していて筋肉の分解が早く進んでしまっているケースがある為、HMBやプロテインを飲むだけで筋肉が大きくなる可能性はあります。しかも、筋肉が大きくなれば代謝が上がり痩せやすい体を手に入れることができるかもしれません。

全く運動をしないで筋肉ついたり、痩せたりすると思っている人は絶対にHMBはオススメしません。
(注意:綺麗になりたい人はプロテインを飲むだけで効果あります)

たくさん効果を上げたいと過剰摂取してしまう人

「筋トレして筋肉つけたい!だから沢山飲んで運動しているけど効果が出ないの!」こんな人は過剰摂取によるよって効果を失っているかのしれません。

Philip Gallagher博士による、ボールステイト大学で実施された実験によると、HMBの過剰摂取をすると筋力アップの効果が薄れるということがわかっています。1日の摂取量上限3gを6gにするような飲み方は飲んでいないのと同じような効果になってしまっていますので注意してください。

HMBの過剰摂取の実験結果

また、まとめて一気に飲んでいるという人は体内の摂取上限量をすぐに超えてしまい、尿になって体外に排出されてしまいます。

効果を上げたければ、決められた容量を1日数回に分けて飲んでください。

>>関連記事:HMBアルティメイトの成分を徹底解剖、効果の出ない人の特徴は?

まとめ

プロテインまとめ
どうでしたでしょうか?

HMBアルティメイトとプロテインを同時に摂取することの重要性を理解していただけたと思います。

そして、タンパク質は、筋トレに限らず、健康的な体づくりをする上で重要であるという事を認識していただけたと思います。

食事でバランスよく摂ることができれば一番良いですが、食事でタンパク質や他の栄養素をコントロールすることは容易ではありません。

うまくプロテインとHMBを活用して美ボディを目指して欲しいです。